FIREを達成するための資産運用「4%ルール」、日本では通用しない?

FIRE投資
この記事は約3分で読めます。

「F.I.R.E(Financial Independence,Retire Early)」~経済的に独立して早期退職を実現するための目安に「4%ルール」というのがあります。

「4%ルール」とは、年間支出の25倍の資産を築けば、年利4%の運用益で生活費をまかなえるという考え方。

たしかに、年間支出が仮に300万円なら、7,500万円の資産を築いて年利4%で運用すれば資産を維持したまま生活することが可能です。

その4%という数字ですが、米S&P株の成長率7%からアメリカのインフレ率3%を差し引いて計算されています。

なので、同じ米S&P株で運用するにしてもインフレ率が異なる日本にそのまま当てはめることは出来ません。

日本におけるFIRE達成のルール

現在の日本のインフレ率は1%以下。2%を目標にしていると言ってしばらく経ちますが、思うように上昇していないのが実情です。

今後もこの状態がしばらく続くことを前提に、「4%ルール」を日本版に置き換えると「5%ルール」もしくは「6%ルール」と書き換えることができます。

要するに、年利5%から6%での運用が必要で、その為に築くべき資産は「年間支出の17~20倍の資産」。

日本では、5,100万円~6,000万円の資産を築いてリタイヤし、年利5%で運用すれば、資産を維持したたまま生活=FIRE達成出来る、ということになります。

但し、アメリカでは株の売却益は非課税ですが、日本では約20%もの税金がとられるので、もう少し資産を増やすか、運用成績を高める必要があります。

日本でFIREを実現するための指標値

●築くべき資金は年間支出の20倍+α(アメリカなら25倍)
●築いた資金運用の目標年利は5%+α(アメリカなら4%)

日本とアメリカ、どちらが楽にFIRE達成できるかを比べることも、日本人であることを嘆くことも意味がありません。

先ずはとにかく資産を築くことです。

しかし、一流企業でどんなに一生懸命働いても貰える給与はたかが知れています。無論節約するにしても限度があります。

より給与の高い会社に転職をくり返すのも一つの方法ですが、転職すると何かと頑張ってしまうので、その分の時間と労力が無駄になりますし、サラリーマンである限り収入の天井は見えています。収入が増えれば増えるほど高額な税金を納めることになるのです。

なので、給与や居心地が比較的悪くないのであれば、慣れ親しんだ会社で無難に仕事をこなしながら、自己投資や副業にチャレンジし、スキルを身につけて、会社を辞めて起業するのが最も有効なやり方です。

そして、資産運用を一日でも早くスタートさせてください。

少額からでも資産運用することで目標とする資金形成にかかる時間を短縮できます(できるはずです)。

また、セミリタイア後に不労所得で生活することを想定し、リスクヘッジとして分散投資やどんな情報が相場に影響を与えるかなど、安定して利益を得れるようになるためにシミュレーションしておくことは必須課題です。

お金を貯める=資産を増やすを両輪で効率よく回していくこと、並行してセミリタイヤ後に必要なスキルを身に着けること、FIRE達成は目的ではなく、これからの人生を豊かにするための手段ですので、無理なく、でも賢くしたたかに、進めましょう。

▶会社頑張る(節約する)(自己投資や副業する)→(お金を貯める)
▶投資を始める(資産運用の勉強をする)→(資産を増やす)

こちらの記事(↓)にはFIRE達成に向けてやるべきことを記しましたのでご参照ください。

FIRE投資
資産運用をゼロから勉強したい人へ

「元手を作る方法」から「資産の増やし方」「資産の守り方」まで、不労所得でお金を増やすための必要な知識がすべて身につくオンラインセミナーがあります。

◎コースは5つ
【基本コース】資産運用の基礎知識
【FX,副業コース】元手を作る
【資産家育成コース】今ある元手を増やす
【資産構築コース】すでにある資産を莫大に増やす
【資産保全コース】資産を守る

月額費用や追加費用無し。スマホでもOK。すべての講座がいつでもどこでも見放題。専任スタッフによるサポート体制充実。わからないことはすぐに解決できます。

#フォローする
スポンサーリンク
悠々自適暮らしの手帖
タイトルとURLをコピーしました