【将来有望企業】シースリー・エーアイ(AI)観察メモ

投資の見聞録

シースリー・エーアイの企業概要
C3.ai Inc

ティッカーコード:AI
上場市場:NYSE

2020年12月に上場

  • AIソフトウェアのリーディングカンパニー
  • 優秀なセールスマンをどんどんと輩出することで有名な企業オラクル(ORCL)の初代営業部長、トーマス・シーベルがポケットマネーで設立
  • 大規模なAI、予測分析、IoTアプリケーションの開発、導入、運用のための独自システムを提供
  • サービスの中心はデータサイエンスとアプリケーション開発を劇的に向上させる革新的なモデル駆動型AIアーキテクチャ
  • クラウドを通じて、企業向けにAIをSaaSとして定期利用させるビジネスモデル
  • 2019年度から2020年度にかけては約+71%成長
  • 4月から10月までの売上高のうち86%(71百万ドル)がサブスクリプションによる利益
  • 売り上げも小さく、赤字企業だが、顧客企業は、ロイヤルダッチシェル、アストラゼネカ、ベーカーヒューズ、アメリカ軍など
  • 粗利益率は約75%
  • 株価は上場後、急上昇・急落と不安定

シースリー・エーアイ:業績確認

シースリー・エーアイ:会社ウェブサイト