【将来有望企業】アプライド・マテリアルズ(AMAT)観察メモ

投資の見聞録

アプライド・マテリアルズの事業概要
Applied Materials, Inc. 

ティッカーコード:AMAT
上場市場:NASDAQ

1967年11月設立

  • 世界最大の半導体製造装置メーカー
  • 分業化が顕著な半導体業界において幅広い分野の製造装置や関連分品の開発・製造・販売を展開。
  • 5つの成長ドライバーは3D NAND、ファウンドリー、パターニング、ディスプレイ、中国(売上の約3割は中国)。
  • 米国、中国、イスラエル、シンガポール、ドイツ、台湾など世界各地に生産拠点があるもの強み。
  • 買収や経営統合、R&Dに積極的。→日本の半導体製造装置大手の東京エレクトロンとも経営統合で話題に(米国の独占禁止法懸念で白紙に)。
  • 今後も成長分野であることは間違いないが、株価は市況に影響されやすい。→市況が良ければ株価も上がる。

アプライド・マテリアルズ:業績確認

アプライド・マテリアルズ:企業ウェブサイト