「チーズは太る!」「チーズは体に悪い!」は嘘だった!!

チーズ暮らしの備忘録
この記事は約3分で読めます。

チーズは太る、チーズが体にいいわけがない、と思っていた。

世界中どこに行ってもピザは大人気。世界中で愛され食されているチーズ。きっと人間はチーズによって健康を害され滅ぼされてしまうのではないか、とすら思っていた。

しかし、最近の多くの研究結果によると「チーズは太らない」「チーズは体に悪くない」らしい。

チーズは体重増加や糖尿病リスクに対する作用において最悪でも「中立」、むしろ改善する可能性さえある優れた食品であることが解明された。

▶︎参照:米国の成人12万877名を数十年にわたって一斉追跡した3つのコホート調査分析 >医学雑誌『New England Journal of Medicine』掲載された論文

チーズでは太らないという証拠

「チーズが体重増加を引き起こすという証拠はほとんどなく──それどころか、最悪の場合でも中立だという証拠があります」

2011年に発表された論文の筆頭著者:タフツ大学フリードマン栄養科学政策学部長のダリウシュ・モザファリアン

チーズを食べると体重減少する、信じがたいがどうやらそれは本当のようだ。

同様の研究報告が近年続々とリリースされている。

例えば、

  • 乳製品の摂取量を増やすと筋肉量が増加し体脂肪が減少する
  • チーズが心血管疾患に関係しているという証拠はない
  • 糖尿病に関しては中立(悪影響は無し)もしくは予防になっている可能性がある
  • ポテト、加工肉、精製された穀物などの食品は経時的な体重増加に関与している
  • ヨーグルト、フルーツ、ナッツなどは体重減少に関与している
  • チーズはその中間(チーズをある程度食べても本質的に体重に影響はない)

▶︎参照:乳製品、牛乳、チーズ、クリーム、バターの総消費量と10年間の追跡調査におけるBMI変化の調査 >分析レポート

チーズは太る、は勘違い。チーズが太る原因ではなく、食べ方や食べ合わせが太る(太った)原因ではないか、と言うのが研究者たちの見解だ。

確かにチーズと共に食す食べ物は大概が太るし体に悪いものも多い。

チーズそのものは悪ではなく善なのだ。

これで今後益々チーズの消費が増えるであろう。

それにしても、どうしてこうもチーズにとって良いレポートばかりがアップされているのだろう。

チーズで世界征服を目論む何者かがいるのかもしれない。

乳製品メーカーランキング

チーズを家庭で手作りする方法

実はチーズ、家でも作れる。

牛乳・レモン・酢などを入れるだけで自家製チーズが作れる「チーズメーカー」というキッチンツールがあれば、いつでも誰でも簡単にチーズが作れる。

チーズメーカーでおすすめなのが、欧米のメディア絶賛の「ヨーグルト&チーズメーカー」。チーズ以外にも、ヨーグルト・甘酒・パン・麹・納豆など約100種類以上の発酵食品が作れるらしい。

KUVINGS(クビンス)という世界80か国で愛用される低温圧縮式コールドプレイスジューサーで有名な最新キッチンツールのグローバルブランド製なので間違いない。

チーズをこよなく愛する人、健康的にダイエットしたい人におすすめだ。

👉KUVINGS(クビンス)の「ヨーグルト&チーズメーカー
👉KUVINGS(クビンス)の「最新コールドプレスジューサー


暮らしの備忘録
カーリースという選択肢
マイカーをカーリースにすると暮らしが楽になります。 面倒な税金や保険、車検などメンテナンスなど、一切気にする必要が無くなるのです。それに伴う節約節税効果も大。車種も期間設定も自由。カーリースは良いことことだらけです。◎おトクなマイカーリース「定額カルモ」はオリックス自動車と提携しているので安心です。
#フォローする
スポンサーリンク
悠々自適暮らしの手帖
タイトルとURLをコピーしました