勉強や仕事の生産性や集中力アップさせる最も簡単な法則

心身メソッド

生産性や集中力アップさせる法則が、ある研究によって明解に示されています。

それは、、、

「52分一気に働き、17分休憩を取ること。」

です。

時間管理アプリ「DeskTime」の計測データをもとに、様々な職場において生産性の高い上位10%の人々を追跡調査。その結果、生産性の極大化のためには「仕事と休憩の割合が52分:17分が最適」という結論に至りました。
最も生産性が高い人は、1度に52分間仕事をして、次に17分の休憩を取り、それから再び仕事に戻っていたのです。
ユーザーの中で生産性が最も高かった1割の人たちが、比較的短い勤務時間でほとんどの仕事を終わらせることができているのは、その仕事ぶりが短距離走のようなものだからです。強い目的をもって仕事をすることで、その52分を最大限活用しているのです。そして、次に力を出せるよう、休むのです。言い方を変えれば、彼らは目的意識をもって仕事をしているということです。
目的意識をもって臨んだ仕事に関しては、「100%集中理論」ということが言われています。何をするにしても、全力でそれに取り組むという考え方です。 そのため、52分の仕事時間は課題をこなし、物事を片付け、業務を進めることに集中するのです。一方、17分の休憩時間の間は完全に仕事から離れます。それは5分ごとに電子メールを確認したり「ちょっとFacebookを覗いたり」する時間ではなく、休息を取るための時間です。

引用元:The Rule of 52 and 17: It’s Random, But it Ups Your Productivity

どんなに忙しくても、どんなに今集中していたとしても、50分程度で一度休憩を入れたほうが良いということです。

無論、52分と17分という数値は目安で良いでしょう。そこをキッチリ秒単位で測るのはセンシティブ過ぎて疲れてしまいます。この数値は機械によって測られ機械が教えてくれた数字にすぎません。機械に数字に支配されることはないのです。私たち人間は機械ではないので感覚で良いのです。

休息が集中力に大きく影響する要因であることは上記以外の数々の研究でも証明されていることだし、実体験の経験則的にも明白でしょう。

集中するためには心が穏やかな状態である必要があります。休息が十分にとれていない状態では心が乱れがちになり、勉強や仕事に集中できないので生産性があがりません。そのせいでストレスになり、食生活や睡眠にも悪影響を及ぼし、身体的な疲労がたまり、、、と悪循環に至ります。

休みましょう。休む習慣をつけましょう。

長時間の勉強や労働が良しとされ、忙しいことこそが美学美談とされてきた前時代の真面目な人は、「休むのも勉強」「休むのも仕事」「休まないのはバカ」と考えましょう。

では、どんな風に休むか、効果的な17分の休憩の仕方については後述します。

参考記事>カフェイン摂取も休憩になる?