50代、シニア層のお呼ばれ・パーティーでの服装・ドレスはレンタルが最強

この記事にはプロモーションが含まれています

祝い事
この記事は約5分で読めます。

親族や友人のなどのお祝いの席へのお呼ばれ。若いうちであれば、ここぞとばかりに素敵なワンピースなどを買い揃えるのですが、アラフィフやシニアにもなると考えてしまいます。

今回は、50代やシニア層がお祝いの席へのお呼ばれやパーティでの服装の準備についてご紹介します。

スポンサーリンク

アラフィフ以降はお呼ばれドレスはレンタル最強

お呼ばれの代表といえば「結婚式」ですが、50代にもなるとそればかりではありません。誰かが何か受賞したとか、誰かのなんとか祝いとか、○○の記念とか、、。結婚式級や、フォーマルレベルであればいいのですが、悩ましいのはセミフォーマル〜普段のお食事会以上もの

仕事やお付き合い上、頻繁に着用する機会があったり、予算に余裕があれば好きな衣装を購入すればいいですが、次にいつ着るのかもわからないような場合には、購入よりもレンタルが便利、というよりも最強です。

アラフィフ以降は顔も体型も好みも変わる

美魔女や日々のお手入れをしっかりして、体型も変わらない、顔も老けない、服装の好みも変わらない方は別ですが、アラフィフにもなると多くの女性は、見た目も変わってきます。もちろん、世のトレンドもあります。

今のトレンドを押さえつつ、今の自分に合ったものをお手頃価格で用意するのであれば、レンタルドレスが最適です。借りるのも、着るのも今なのですから、先のことはどうでもいいのです。

衣装に合わせて、小物も借りられる

着物(和装)であれば、フォーマルやセミフォーマル用の草履は決まってきますので、購入する方がいいですが、洋装の場合には衣装によって靴の色形、バッグの色形も異なります。

一式揃えるには、お金も時間も体力もかかり結構大変ですが、レンタルドレス一緒にドレスにあったアイテムをまとめて一式借りられます。

お手入れ不要

レンタル衣装の場合には、基本的にクリーニング代込みです。

購入した衣装でしばらく着る予定がな場合には、クリーニングが必要になりますが、その料金も手間も不要です。

保管の手間なし

着用後は、指定の方法、多くは届けられたときの箱にいれて返送するだけですから、手間なしです。

保管の場所も手間も心配事も不要です。

モノもストレスも増えない

着用後は返送するのですから、手元には何も残りません。箪笥の肥やしにも、クローゼットの飾りにもなりませんし、次いつ着るかなぁ、、なんて気にする必要も、片付け保管に関するストレスもありません。

コスパがいい

たった1回着用するだけで、1万〜2万程度かかることに抵抗を感じるかもしれませんが、こんな安くて便利なものはありません。

ドレスから小物まで一式一発で揃いますし、お手入れ不要、メンテナンス不要、次の機会にもトレンドを押さえた状態のいいドレスを借りればいいのですから、安いものです。

スポンサーリンク

50代、シニアにおすすめのレンタルドレス店は?

PR)ドレスをレンタルするのであれば、おしゃれコンシャスがおすすめ。

6泊7日2,900円からのブランドドレスレンタル

50代以上でも絞り込み検索でヒットする

アラフィフ以上でも、ドレス絞り込みができます。

レンタルドレスのサイトによっては、40代、50代、60代以上などの選択肢があっても、商品が少なすぎてお話にならないこともたたありますが、おしゃれコンシャスであれば、それなりに揃っています。

サイズ、カラー、レングス(スカート丈)、袖、ドレス単品かセットかなどで絞り込みをかけることができます。

下記画像では、「Mサイズ、ミディ丈、ロング丈、パンツドレス、ドレスセット、50代〜」で絞り込みをかけていますが、該当102種類(サイズ違い入れて194件)。中には、年齢的に難しいモノもありましたが、十分に選べます。

商品説明がわかりやすい

前横後ろの画像、サイズの説明、サイズ違いアイテムやコーディネートで使用しているアイテム、他の利用者が過去に一緒に注文したアイテムなどが、ダダッと表示されます。

この手のもののコーディネートは慣れた人に任せた方がいいので、こだわりがなければ一式お任せするのが簡単で、間違いありません。

スタッフの着用コメントやレビューも確認できる

レビューには、年齢、身長、体重、体型なども記載されています。どこまで正直に自己申告しているかは別としても、参考にはなります。

専属の女性スタイリストが無料相談に対応

わからないことや心配、不安があったら、スタイリストに相談できます。TPO含め、ネットで検索するより安心ですし、早いです。

サイズが合わない時には、代替品を即日発送

オンラインだと怖いのが、サイズがあわないこと。この場合でも、代替品を即日発送してもらえるので安心です。

なお、6泊7日まで同一料金ですから、着用翌日に返却するようにし、できるだけ早く借りておけば万が一の時にも、間に合うので安心です。

スポンサーリンク

レンタルドレスの使い方・注文の仕方は?

レンタルドレスの使い方は、サイトによっても異なりますが、基本的には簡単です。

注文の仕方は?
  1. 会員登録する
  2. ドレスを決めて注文する
  3. 支払いをする
  4. ドレスが届く
  5. 着用
  6. ドレス返却

2〜3ヶ月前から予約が可能ですので、ゆっくり準備できます。多くサイトでは、返却は発送時の箱に入れて指定業者の宅配便などで返送します。集荷やコンビニ発送にも対応していることが多いです。

レンタル費用・往復送料・クリーニング料金が込みのケースが多いですが、サイトによって異なりますので、申込前によく確認しておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました