【将来有望企業】フリーポートマクモラン(FCX)観察メモ

投資の見聞録

フリーポートマクモランの事業概要
Freeport-McMoRan, Inc.

ティッカーコード:FCX
上場市場:NYSE

1987年11月設立

  • チリのコデルコ社と並ぶ銅・モリブデン生産における最大級の企業。
  • 銅の副産物として、金、銀、モリブデン、レニウムも扱う。
  • 住宅やビルの建設、EV(電気自動車)製造で銅の使用量増大。
  • 中国からの需要増大。銅価格が上昇中。
  • 金山や油田は新しく発見されてるが銅山は20年に一度ぐらいしか発見されない。ゆえに、銅の供給量が突然増え価格が下がるリスクは小さい。ライバルも増えない。
  • 銅の需要が高まる経済下では安心安全企業(銘柄)。
  • 世界最大級の銅と金を生むインドネシアのグラスバーグ鉱山をめぐって現地政府と対立の黒歴史有り(裁判で決着済み)。
  • 現在さまざまな地域で大規模鉱山を所有。
  • アリゾナ州でも銅鉱石開発は2020年後半に稼働を開始。
  • 直近の株価パフォーマンスは非常に良い。

フリーポートマクモラン:業績確認

フリーポートマクモラン:会社ウェブサイト