病気・ケガの入院経験者や家族に確認した実は不人気・いらないお見舞いの品物とは?

この記事にはプロモーションが含まれています

生活の知恵
この記事は約4分で読めます。

入院や病気やケガの療養中のお見舞い。相手が喜ぶような、相手の役に立つようなものを渡したいところですが、現実にはなかなか難しく、ついついネットで検索して選んでしまいます。

でも、そのネット情報は本当でしょうか?

私自身もアラフィフですから、周りにも本人が入院したり、ご家族が入院した方も増えてきました。実際、お見舞いでいただいたものの話を聞いてみると、意外なことがわかりました。

病気やケガの程度、入院期間、年齢、お見舞いに来てくれた方との関係にもよるようですが、貴重な意見として書き留めておきたいと思います。

最近は、入院期間が短くなってきていること、検査やリハビリなどでそれなりに慌ただしいこと、病院内も含め必要なものは揃えやすいこと、病室が狭いことなどから、「正直お見舞いの品物不要」「お見舞いに来てくれる気持ちだけで十分」論者が、私の周りでは圧倒的多数でした。

お菓子

  • たくさんいらない、そもそもそんなに食べない
  • 好みが違う
  • 制限があって食べられない、同室の人にも気軽に配れない
  • いただいたからと家族が持ち帰ることになる

フルーツ

  • 制限があって食べられない
  • 匂いが気になる、残っていると気になる
  • 籠盛りとか場所をとる
  • 冷蔵庫が小さい
  • 食べきれないと処分に困る
  • 家族が皮を剥いたり、切ったりしないといけない

生花(切り花・フラワーアレンジメントなど)

  • 枯れる、世話ができない
  • 置く場所に困る
  • 匂いが気になる

造花(バーバリウム・プリザーブドフラワーなど)

  • 置き場所に困る
  • 病院で捨てられない
  • 持ち帰るのが大変、持ち帰りたくない

タオル

  • すでに用意してある
  • 洗ってからじゃないと使えない
  • 言うほど使わない

ブランケット

  • 病院のもので間に合う、持ってきている
  • 置き場所に困る
  • もらっても持って帰るのが大変、モノが増える

パジャマや室内着

  • 用意している、洗わないと着られない
  • 好みではない
  • もらっても持って帰るのが大変

本・雑誌

  • 好みと違う
  • 読む本は自分で買う
  • 電子書籍で読んでいるから紙の本はいらない

ポータブルテレビ・携帯ラジオ

  • ラジオは聞かない
  • radicoでいい
  • スマホやタブレットがあるからいらない
  • 設定とか使い方を説明するのが面倒

ハンドクリームや保湿剤など

  • 自分で用意する
  • 匂いが気になる、好みではない

マッサージグッズ・美容グッズ

  • 置き場所に困る
  • それどころではない
それもあるけど、、、
  • お見舞いに来ていただくのは嬉しいけど、お見舞いをいただくとお返しするのが大変
  • 長期入院でもないのでお見舞い不要
  • 体調も悪いし、スッピンだし、相手によっては嬉しいものでもない

お見舞いに来てもらうことは、基本的には嬉しいようですが、モノが溢れている時代だからでしょうか、私の周りが自己主張が強いからでしょうか、、、なかなか厳しい意見もありました。

私の経験上も、同感ですね。。。親や祖父母が入院した当初には、いただいたお菓子などを頻繁に持ち帰ることもありましたし、あると便利と親戚の先輩方がアレコレお見舞いの品をくださり、荷物も増えて入院中も退院時も大変でした。入院を繰り返し、容態が悪化してくると、お見舞いも限られてきますし、頂き物も減りましたが、、

おばあちゃんが孫からもらうお見舞いと、親族や友人・知人などからいただくお見舞いとでは、受け取る側の気持ちも違うのでしょうが、これから周りの入院なども増える年齢ですから、気をつけたいところです。相手によっては、お見舞いの連絡をする時に、お見舞いの品というよりも、差し入れレベルで確認するのがいいのかもしれませんね。

ペットボトルのお茶や水を数本と、その場で食べ切れる程度のヨーグルト(制限がない場合)やカットフルーツを差し入れるだけでも、むしろ喜んでもらえることもありますよ。

相手によっては、アマギフ(Amazonギフト券)もオススメです。買い物にも、本や映画などの閲覧にも使えますし、送る側も受け取る側も手間要らずで便利です。

便利なアマギフ

現金ほど生々しくありませんし、3,000円程度でも気軽に渡せますし、受け取る方も気が楽です。相手がアカウントに登録すれば済むので、現金のように盗難などのトラブルも避けらるので安心です。

タイトルとURLをコピーしました