【田舎で儲かる商売】これからの時代に地方で儲かるビジネスは何?

田舎暮らしと家づくり
この記事は約4分で読めます。

これからの時代は「どこに移住しようがリモートワーク可能だから仕事は従来通り。」という人も少なく無いと思いますが、でも、せっかく生活費の安い地方に住んでいる(もしくはこれから田舎に移住しようと考えている)のであれば、地域に資する商売を始めることをおすすめします。

本業として、または資産を増やすための副業として、田舎で起業することはあなたの人生において様々なメリットがあります。

誰でもスタートできて田舎で起業するに相応しい商売、田舎だからこそ儲かる商売について解説します。

田舎で起業するに相応しい商売、田舎だからこそ儲かる商売は?

田舎で起業するに相応しい商売、田舎だからこそ儲かる商売は?

田舎で儲かる商売で成功する確率が高く誰でも簡単に始められるのは店舗経営

要は「お店」をやることです。

何屋でも良いです。得意なものや好きなものを作って売るお店を始めましょう。

家は自宅兼店舗にリノベーションしましょう。

家が仕事場であれば、通勤不要。

本業と平行して副業としても始められます。

過疎が進む田舎では、新しくお店が出来るというそれだけでとても喜ばれますので、地域に資する仕事になるのです。

田舎で起業するなら「店舗経営」が良い理由

地方に移住して起業するなら「店舗経営」が良い理由

田舎において、今度○○屋が出来る、というニュースは注目度&期待度大。

話題独占。すぐ地域の顔になれます。より地域の人と仲良くなれます。

移住しての開業であればなおさらです。

先の地域への最初の表明が「○○屋」というのは、皆に直ぐに覚えてもらえる非常にインパクトのある方法で、商売的にも、そしてこれから長く暮らしていくためにも有効です。

「今度○○に引っ越してきた○○です、宜しくお願いします、」と言って無難な手土産を渡すよりも、「○月○日に○○にオープンした○○屋です、ご近所さん限定の優待券です、宜しくお願いします、」と言えたら、つかみはOKです。

田舎でのビジネスチャンスは飲食系に有り!

田舎でのビジネスチャンスは飲食系に有り!

何屋さんでもかまいませんが、そこに需要がなければなりません。商売が成り立ちません。

どんな田舎においても需要があり、ビジネスとして成り立つ確率が高い(商売として容易)なのは飲食系です。

地元の食材(または自家栽培または採取した食材)を使って本格的なレストランがやれれば理想ですが、さすがに本格的な飲食店は相当のスキルがないと難しいです。

それに、そこまで本格的ではなく近隣の人が毎日でも気軽に来れるような店のほうが地元には喜ばれるものです。

例えば、コーヒー屋(カフェ)、定食屋、ラーメン屋、そば屋、うどん屋、パン屋、などは、少し勉強すれば誰でも(初心者でも)開業することが可能です。

今はレシピやマニュアルが沢山ありますし、材料や道具もクオリティの高いものが誰でも手に入りますので調理のスキルは必要ありません。

必要なのはセンスと接客(コミュニケーション)力です。

移住地のメリットを最大限生かした商品づくり(メニュー開発)をしましょう。

地域の特産品などをつかったもの、または、都会では出来ない(その場所だからこそ可能な)ものを提供すれば、地域の人も喜ぶし、遠方からも来てもらえる店になります。

お店を開業すること自体は誰にでも出来ます。

飲食店だと調理師免許が必要だと思っている人がいますが、不要です。

但し、飲食店や食品加工をする場合は保健所の許可が必要です。

調理場および店舗に検査が入りますのでリノベーションする際に店舗仕様にしておけば大丈夫。

難しいことではありません。そして管轄の保健所で研修を受ければ許認可されます。

詳しくは以下の記事にまとめましたので参照ください。

田舎で起業するなら地域に資する仕事しよう!

田舎で起業するなら地域に資する仕事しよう!

サラリーマンであれば商売を始めることは税金について勉強する良い機会になります。

無論開業にかかる費用は全て経費扱いにすることが可能です。

もし高額所得者であれば節税にもなるでしょう。

サラリーマン時代に如何に多額の税金を納めていたのかを知ることになります。

人に雇われてやる仕事、人に言われてやる仕事ではなく、自分で決めてやる仕事をすることもとても学びが多いものです。

客数が増えてくれば、人を雇うことになります。

起業するということは人に雇われる仕事ではなく人を雇う事業をやる、ということでもあるのです。

そしてそれは、地域に雇用を生み出すことなり、あなたも、地域も、あなたが起こした商売に感謝することになるでしょう。

会社勤めではあり得ない充実感、達成感があります。

田舎暮らしをしている(これから田舎に移住する)のであれば、是非、その地で商売をはじめてください。

なお、自己資金が無い人は補助金や融資制度があります。

移住者だけの特権的ま補助金も多々ありますので興味があれば調べてみてください。

参考記事

タイトルとURLをコピーしました