自宅兼古民家カフェに適する物件とは?

田舎暮らし|物件

地方に移住して、自宅で古民家カフェを開業したい、という方のために、物件の選び方を指南します。

スポンサーリンク

自宅兼古民家カフェに適する物件とは?

民家を(自宅を)カフェ=飲食店として営業するためには、保健所の許可が必要です。※具体的な開業手順については以前の記事をご覧ください。

保健所の許可を得るための、最も基本的はことは、住居部分と店舗部分が明確に分かれている(仕切られている)間取りになっていることです。

◎例えば、上下分離型
1階と2階で自宅とカフェスペースを完全に分ける間取り。

◎もしくは、縦割り型
カフェスペースと住宅スペースを、建物の奥側と入り口側で分離する間取り。

の、いずれかの間取りになっている物件を探すか、そのように改装(リフォーム〜リノベーション)することになります。

おすすめは上下分離型です。間取りの変更やあらたに仕切りなどを設ける必要がない分、初期費用が抑えられます。

間取りを変更したり、あらたに壁を設けるためには、それなりの費用がかかります。

古民家カフェを成功させるには、こちらの記事に記しましたが、原則(極力)初期費用は自己資金で賄える範囲に抑えることがポイントです。

間取り以外でも、普通の家(自宅)を改装せずに飲食店として開業することはできませんので、いずれにせよ改装(リフォーム〜リノベーション)が必要です。

その費用を少しでも抑えるためにも、店舗部分と住居部分の棲み分けをイメージしやすい物件〜1階と2階で自宅とカフェスペースを完全に分ける間取りの物件をオススメします。

重視するのは店舗(カフェ)か住居か?

店舗と住居、両方のイメージを具体化し、どういう工事をしなければいけないのか、施工業者と相談しつつ、リフォーム(リノベーション)計画を立てましょう。

リフォーム(リノベーション)計画の立て方など、基礎知識については下記の記事をご覧ください。

自宅兼古民家カフェのリノベーションを計画する場合、どうしても営業重視、店舗重視になりがちですが、暮らしの場であることも忘れないようにしましょう。

暮らしあってこその店舗です。初めての田舎暮らし、初めてのカフェ経営ならなおのこと、体と心が安息できる場所が必要です。

目的と手段を取り違えないようにしましょう。

目的は、”心穏やかな田舎暮らし”、のはずです。それを実現する手段としての”店舗=カフェ”です。

住居用に改装(リフォーム〜リノベーション)するだけでも費用がかかります。兼用でカフェを開業ためには更なる費用がかかります。費用は限られているかと思いますので、その費用配分は慎重に見極めてください。

※カフェ開業には改装費以外にも、設備など様々な費用が発生します。次回、カフェ設備の賢い調達法を記事にしたいと思います。

田舎暮らし|物件
スポンサーリンク
家の購入やリフォームを考えている人へ
地方移住(田舎暮らし)で最も大切なのは「家」「住まい」です。 そして失敗、後悔、トラブルの最大要因も「住まい」。そんな「住まいづくり」に関する基礎知識をまとめた有料NOTEです。【現在一部無料公開中!】
田舎暮らしの手帖

コメント

タイトルとURLをコピーしました