新築でも中古でも、住宅を購入する前に必ず補助金制度を確認しよう!

家の購入は人生の中で最も大きな買い物です。

貰える補助金(受けられる助成制度)を利用しない手はありません。必ず事前に確認しておきましょう。

この記事では、新築物件や中古物件の購入で利用できる補助金について紹介します。

尚、移住者向けの住宅関連補助金に関してはコチラ(リンク集)に記載している各地方自治体のサイトでご確認ください。

移住者には移住者限定の補助金があり、以下の記事で紹介する補助金とは別の制度です。

合わせて申請することも可能なケースもありますので、どちらも頭に入れておきながら住まいの取得を計画しましょう。

スポンサーリンク

新築でも中古でも、住宅を購入する前には必ず補助金制度を確認しよう!

住宅取得で利用できる補助金「すまい給付金」

住宅取得で利用できる補助金「すまい給付金」

「すまい給付金」は、2014年4月に消費税率が5%から8%に変わった時にスタートした住宅補助金制度です。

「すまい給付金」は、一定の収入以下であることが要件の住宅購入の助成制度で、所得の少ない方ほど、得をする補助金です。

<対象者・要件>
自分名義で登記した住宅に住んでいる人全てが対象で、住宅ローンの有無によって要件が異なります。

住宅ローンを利用している方の要件
・消費税8%適用で収入額約510万円以下
・消費税10%適用で収入額約775万円以下

住宅ローンを利用していない方の要件
・年齢が50歳以上の方
・消費税8%適用で収入額約510万円以下
・消費税10%適用で収入額約650万円以下

対象となる住宅は、床面積が50平方メートル以上の物件で、新築と中古によって異なります。

新築住宅を購入する場合
・住宅瑕疵担保責任保険へ加入した住宅や、住宅性能表示制度を利用した住宅などの、施工中に検査をした住宅が対象。

中古住宅の場合
・宅地建物取引業者と契約を結んで購入した物件で、既存住宅売買瑕疵保険への加入など、売買時に検査をした住宅が対象。

つまり、中古住宅は、売主が「宅地建物取引業者」でなければ給付を受けられないので要注意です。

田舎の格安な空き家物件(中古の戸建住宅)は、業者を介さずに個人から購入するケースもあると思いますが、その場合は消費税が非課税となるため、すまい給付金の対象からは外れてしまいます。

その場合は、「宅地建物取引業者」に間に入ってもらい売買契約そして既存住宅売買瑕疵保険契約をするようにしてください。

また、中古物件の場合には現行の耐震基準を満たすかどうかも要件となりますので、特に古い物件を購入する方は要注意です。

詳しくは、国土交通省のすまい給付金のサイトをご覧ください。給付額のシミュレーションもできますのでお試しください。

>国土交通省 すまい給付金

住宅取得で利用できる補助金「地域型住宅グリーン化事業」

住宅取得で利用できる補助金「地域型住宅グリーン化事業」

「地域型住宅グリーン化事業」は2015年からはじまった住宅購入補助金制度です。

省エネルギー性能や耐久性などに優れた、木造をメインとした住宅が対象となる制度で、環境負担の少ない住宅を新築する場合に補助金がもらえます。

補助金額は、
・「長寿命型」「高度省エネ型」で最大110万円。
・「ゼロ・エネルギー住宅型」で最大140万円。

「長寿命型」とは、長期優良住宅の認定をうけた住宅のこと。「高度省エネ型」とは、低炭素建築物の認定を受けている、または性能向上計画の認定を受けている住宅のことです。

「ゼロ・エネルギー住宅型」とは、ZEH(ゼッチ)の要件を満たす、またはそれと同じ水準以上の省エネ性能のある住宅のことをいいます。※ZEH(ゼッチ)については後述します。

<対象者・要件>
・対象物件が新築であること(新築する場合、または新築物件を購入する場合)
・主な構造部分が木造であること
・この採択と関係のあるグループに属する供給事業者を選んでいること

注意は3つ目、要は、大手住宅メーカーや大手工務店など、「指定業者」が建てた規格住宅に限定されるということです。

この制度は、環境づくりをめざす住宅産業関連企業が加盟する団体の構成員である工務店や製材業者、プレカット事業者など、指定業者が建てた(建てる)住宅でなければ補助金を受けられません。

対象となる業者は、地域型住宅グリーン化事業のサイトで確認できます。採択を受けたグループは地方別に公開されます。以下より「採択の結果」のページに進み確認ください。※わかりにくいです。

>地域型住宅グリーン化事業評価事務局

上記でチェックして対象の事業者が見つかったら、実際に補助金を受けられるかどうか直接問い合わせてみてください。

交付の申請手続きや受け取りは事業者が行うことになっています。

住宅取得で利用できる補助金「エネファーム補助金」

住宅取得で利用できる補助金「エネファーム補助金」

「エネファーム」とは、水素と酸素から電気と熱をつくる家庭用の燃料電池のこと。

発電時に発生する熱を再利用するため、環境に優しいシステムとして広く普及しています。

この「エネファーム」を住宅に導入すると、補助金がもらえます。

補助金額は、定額補助金(1台につき約4万円以下)に追加補助金をプラスした額になります。

追加補助金は、LPガスや寒冷地仕様など条件によって決まります。

<対象者・要件>
・エネファームを購入し実際に使用する方
・FCA(燃料電池普及促進協会)が指定するシステムであること
・報告書などの書類の提出は、機器費などの支払いを済ませたあと、補助事業完了報告書締切日までに行うこと
・補助対象システムを、6年以上継続使用できること
・国からの他の補助金との併用は不可

他にも細かい条件が定められており、これら全てを満たす必要があります。

詳しくは、一般社団法人燃料電池普及促進協会(FCA)のサイトをご確認ください。※わかりにくいです。

>一般社団法人燃料電池普及促進協会

住宅取得で利用できる補助金「ZEH(ゼッチ)補助金」

住宅取得で利用できる補助金「ZEH(ゼッチ)補助金」

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略で、エネルギー収支がプラスマイナス0となる住宅、例えば、太陽光等で発電したエネルギーと消費したエネルギーが同じになる省エネ性能の高い住宅のことをいいます。

国は現在、ZEHの普及を強く勧めており、ZEHを取得、あるいはZEHに改修する方に補助金を交付しています。

ZEHの補助金メニューは複数ありますが、個人が対象の戸建て住宅の補助メニューは以下の3つです。

ZEH支援事業(補助金額:60万円)
ZEH+実証事業(補助金額:約105万円)
ZEH+R強化事業(補助金額:約115万円)
先進的再エネ熱等導入支援事業(補助金額:~90万円)

上記の各ZEH事業の基準に対応した住宅を新築する方、新築の建売住宅を購入する方、自己所有の戸建住宅を改修する方が対象です。

申請期間や申請方法など、細かく分かれています。詳細は上記各事業のサイトをご覧ください。※わかりにくいです。

この制度、対応可能な業者は大手住宅メーカーや大手工務店に限られるので、ほぼ「指定業者」が建てた規格住宅に限定されます。

交付の申請手続きや受け取りに関しても業者がやってくれます。どういう制度なのかも大手住宅メーカーなどに聞いたほうが解りやすく説明してくれると思います。

住宅取得の補助金制度:まとめ

住宅取得の補助金制度:まとめ

家の新築、購入、改装でもらえる補助金を紹介しました。

補助金制度は、毎年更新・改定されますので都度確認するようにしてください。

当てにした補助金が締め切っている、無くなっていることはよくあることです。

生活の、人生の、大事な居場所=拠点となる「住まい」です。大きな金額の買い物になりますので活用できる補助金は活用したいものです。

が、しかし、とても解りにくい制度で、一般人では申請することはほぼ不可能。

しかも、それぞれの窓口サイトもわかりにくく、直接相談してもらちが明かないケースが殆どです。

結局は、専門業者(住宅メーカーや工務店、不動産業者など)に委ねることになります。

上記で紹介した補助金は、一部を除き大手の住宅業者が紐付き(業者指定・業者限定)の制度で、業者も得する制度ですので、積極的にサポートしてくれます。

もし補助金を当てにして住宅取得を目論む場合は、対象となっているメーカーや販売業者を選定して、遠慮せずに色々相談しましょう。

しかし、専門家にまかせっきり(言い成り・なすがまま)だと、大なり小なり、必ず騙され損をします。

補助金を貰えるから得をしたと思っても、家の本体工事で費用を上乗せされていたら得をしているのはあなたではなく業者です。

業者に相談する前、契約する前には、必ず最低限の知識をインプットしてください。

住宅取得を目指す全ての人が、最低限知っておくべき基礎知識をNOTEにアップしました。知っておいて欲しい住宅業界の実態などが記されていますので、是非ご参照ください。

【家の購入やリフォームを考えている人へ】 騙されない失敗しない為に知っておくべき「住まい」に関する基礎知識|家が好き@すずめ|note
はじめに 下記は、一生のうちで最も高い買い物なのにリテラシーが低いと言われている「住宅」の基本的なことについてまとめた『住宅購入(発注)マニュアル』です。 これから「家を買いたい(建てたい)」と思っている人、「家のリフォームやリノベーション」を考えている人は勿論、「家」を必要とする私たち全員が知っておくべき基礎...

無料部分を読むだけでも十分です。

が、「なるほど、やばいかも、だまされそう、損したくない、」と思った人は有料部分を含め全編フルで読んでいただければと思います。

騙され損をすることなく、安心して相談~依頼することが出来るようになるでしょう。

スポンサーリンク
田舎暮らしの手帖

コメント

タイトルとURLをコピーしました