【繰り返される株価暴落の歴史】下落率と安値及び高値回復までの期間

FIRE投資
この記事は約2分で読めます。

歴史的な株価大暴落時の安値に至る期間と下落率

  • 1929年10月 ウォール街大暴落(世界恐慌) 約28ヶ月で -86.1%下落 
  • 1987年10月 ブラックマンデー 約2.8ヶ月で -33.5%下落
  • 2000年03月 ITバブル(インターネットバブル)崩壊 約25ヶ月で -47.3%下落
  • 2008年09月 リーマンショック 約14ヶ月で -56.8%下落
  • 2020年02月 コロナショック 約1ヶ月で -33.9%下落

直近60年の下落率と安値及び高値回復までの期間

  • 高値から安値(弱気相場)に至る期間はおおよそ 15.5ヶ月
  • 平均下落率は -37.6%
  • そこから高値回復まではおおよそ 45.4ヵ月

株価暴落からの教訓

  • 最悪70%下落を覚悟する。
  • しかし、株価は必ず元の水準に戻る。
  • そしてその後、株価は右肩上がりで上昇を続ける。(米国株は1960年以降2020/4時点で、年率+6.6%のペースで上昇中!)
  • 一時的に70%程度下落しても耐えられる額を投資。暴落時に所有していても保有し続ける!

※上記は米国株S&Pの値です。米国株が暴落すれば日本株含む世界各国の株式市場も暴落します。世界経済は連動しているのです。しかし、同じように下落しても復活(高値回復)に至る期間は国力及び国策により大きな差が生じます。ゆえに、銘柄によっては保有し続けることが正解とは限りません。

FIRE投資
資産運用をゼロから勉強したい人へ

「元手を作る方法」から「資産の増やし方」「資産の守り方」まで、不労所得でお金を増やすための必要な知識がすべて身につくオンラインセミナーがあります。

◎コースは5つ
【基本コース】資産運用の基礎知識
【FX,副業コース】元手を作る
【資産家育成コース】今ある元手を増やす
【資産構築コース】すでにある資産を莫大に増やす
【資産保全コース】資産を守る

月額費用や追加費用無し。スマホでもOK。すべての講座がいつでもどこでも見放題。専任スタッフによるサポート体制充実。わからないことはすぐに解決できます。

#フォローする
スポンサーリンク
悠々自適暮らしの手帖
タイトルとURLをコピーしました