中袋ありの香典袋 お札の顔は表裏上下どこ向きが正解?

この記事にはプロモーションが含まれています

仏事
この記事は約4分で読めます。

普段は何気なくできていることでも、ふと気になってしまうと、どちらが正解なのかわからなくなってくることはよくあります。

私は、ご祝儀や香典を包む際、毎回「アレ?」と急に自信がなくなり毎度調べていたります。。

今回は、中袋のある香典袋でのお札の入れ方や注意点をまとめておきます。

スポンサーリンク

香典袋への中袋・お札の入れ方は?

葬儀や法事法要で包む香典は、外から 上包み・中袋・お札 の順となります。

上包みと中袋は表裏を揃え、お札は裏向き、顔が下に入れると覚えておくと間違いありません。

実際には、お札の顔(肖像画)は上下どちらでも構わないとされていますが、近年のマナー情報では「顔(想像が)が下」と言い切っていることも多いので、逆らわないのが無難です。

スポンサーリンク

香典でお札を裏向きに入れる理由は?

葬儀や法事法要の香典は、お札は裏向きにするのが一般的です。これには、絶対かつ明確な理由はないのですが、「マナー」とされています。

香典でお札を裏向きにするのはなぜ?
  • 裏向きにすることで「悲しみで顔を伏せる」「不幸に顔を背ける」という意味を表す
  • 弔事は日常行うパターンと逆にするため(故人の着物を左前にするのと同じ)
  • 裏向きの方が、お金を数えやすくて(お金が急に必要になる)葬儀では便利なため

上2つは、感覚的に納得できるものですが、3番目はそんなものか、、くらいにしか思えない理由ですね。

なお、「香典は仏様や故人への供物なので裏向きなんて失礼。表向きにして堂々と捧げ、礼を尽くすもの。」と言った、真逆の主張もあるようです。

伝えられてきた理由があるのか、慣習が「マナー」になったのかは、実際にはたどりようもありません。

昨今、自称マナー講師も激増しているため、その人の解釈で「これがマナー」と言い切り、メディアで取り上げれたり、書籍になったり、ネット上の記事として出回れば、それが正義になります。どれが正しいのかなんて、調べても考えても答えは出てこないのですから、周りの人を不快にさせない程度に受け入れておく方が、生きやすくなることだけは間違いありません。

スポンサーリンク

香典のお札の上下の向きは?

葬儀や法事法要の香典は、お札の上下は人物(肖像画)を下にするのが一般的です。こちらも、絶対かつ明確な理由はないのですが、「マナー」になってしまったようです。怖いですね、、、マナー。

香典でお札の顔(人物)を下にするのはなぜ?
  • 裏向きにすることで「悲しみで顔を伏せる」「不幸に顔を背ける」という意味を表す
  • 弔事は日常行うパターンと逆にするため(故人の着物を左前にするのと同じ)
  • 裏向きの方が、お金を数えやすくて(お金が急に必要になる)葬儀では便利なため

裏向きにするのと同じ理由のようです。相変わらず、「数えやすい」を主張する方もいらっしゃるようです。

なお、「人物を上側にすることで、目線が下を向き、悲しみのため顔を伏せる意味を表す」と言った、真逆の主張もあるようです。

「悲しみのために顔を伏せる」という点では、共通しているようですね。

これには地域慣習や家の考え方もあるでしょうが、わからない場合には一般的な方法に従うと、面倒なことや不快な思いは避けられます。

スポンサーリンク

香典を包む時の注意点は?

上述の通り、香典の包み方には諸説ありますが、それ以上に大切なこと、注意点もあります。どれも基本的なことばかりですが、気が緩むと忘れますので気をつけましょう。

新札・ピン札は使わない、でもヨレヨレもダメ

新札だと「あらかじめ用意していた」ことを意味してしまうため、弔事においてはNGです。

近年、長財布を利用する人が増えたのか、コンビニのATMから出金しても、折り目なしのピン札が揃うことも珍しくありません。新札・ピン札の場合には、真ん中で一折してから包みましょう。

ただ、新札・ピン札がNGだからといって、ヨレヨレや汚れている、端がちぎれているようなお札も避けましょう。相手への敬意の問題です。

複数のお札を包む場合は向きを揃える

お札の上下表裏は、せめて揃えましょう。

袋に書いた金額と、包んだ金額は一致させる

当たり前のようですが、人間ですから間違えることがあるのです。1万円札を包んだつもりで、実際包んだのが千円札とか。

なお、これは私の父の葬儀の時に実際にありました。。叔父たちが、何度も計算したり、お札を数えなおしていた記憶があります。あの時から、私は香典やご祝儀を包む際には、過剰なほどに確認する癖がつき、今でも抜けません。

中袋は糊付けしない

中袋は封筒ですから、いつもの癖で糊付けなどの封をしそうになりますが、香典やご祝儀では中袋に糊付けなどの封はしません。

これは、後ほど香典を数える人への配慮です。

「マナー」というほど大げさなものではないと思うのですが、故人やご遺族を想い不快な思いをさせないように、そして自分自身も不要な面倒を避けるように、基本的なことだけは押さえておきたいいものです。

タイトルとURLをコピーしました