古民家鑑定士という資格は移住先での仕事になりえるのか?

仕事

地方移住先でのあらたな仕事(ビジネス)に相応しそうな?資格「古民家鑑定士」について調べてみました。

スポンサーリンク

古民家鑑定士という資格は移住先での仕事になりえるのか?

古民家鑑定士という資格は移住先での仕事になりえるのか?

結論から言うと、古民家鑑定士」の資格を取るだけでは仕事(ビジネス)にはなり得ません。

試験は簡単(約7割以上正解で合格・80%の方が2級以上認定)。公式テキスト持ち込み可。公式テキストがあれば誰でも取れる資格です。とはいえ20%は不合格ですが…。

どんな人が受験しているのかというと、住宅メーカーや工務店など建築関係や不動産関係の方が多く、この資格を本業とするのではなく、古民家鑑定士として鑑定した物件の改修・改装、または売買を請け負うことを目的に、古民家の”知識の習得”と”肩書き”として資格取得を目指す人が殆どです。

まったく仕事とは関係なく、単に古民家が好きな方、セルフで(DIYで)リフォームやリノベーションを考えている方も少なからずいるかとは思いますが、そういう人は受験しないでテキストだけ買えば良いでしょう。※公式テキストはとても良い(役に立つ)テキストです。高いけど。

古民家鑑定士試験の公式テキスト

古民家鑑定士の資格が活かせる仕事はあるか?

古民家鑑定士の資格が活かせる仕事はあるか?

今後は古民家鑑定の依頼は増えるのは確実です。でも資格を取ったからといって黙っていては鑑定の依頼が来るはずがありません。

古民家の鑑定依頼は、大概その地域の不動産屋か工務店、または地域の古民家再生協会にくるものです。なので、古民家鑑定士の資格を活かすためには(仕事にするには)、それらの会社に所属するか、鑑定業務を委託してもらえるよう働きかける(営業する)必要があります。

もっとも、誰でも受験できるし簡単に取れる資格ですから、すでにその地域には数名の有資格者がいる可能性もありますし、そもそも古民家物件が少ない地域でその鑑定を依頼する人がいない(少ない)とビジネスにはなり得ません。

先ずは、遠回りでも古民家の価値や魅力を発信し、発信者である直接鑑定の依頼が来るような仕組みづくりが必要です。

鑑定を依頼するような人は、古民家に住みたい、というよりも、事業用・投資用であることが多いと思われます。物件の価格(価値)の裏付けとして鑑定を依頼するのであって、自分で住むのにわざわざ鑑定して改装するのは考えにくいです。

であれば、その後(鑑定後)のプランも合わせて提案できる「古民家鑑定士であれば、独立開業することも可能でしょう。やはり、建築関係や不動産関係と協業するか、または投資や経営、税務関連のアドバイスができればベターです。

以下、古民家鑑定士資格試験の概要を記しておきます。参考まで。

古民家鑑定士とは

古民家鑑定士とは、内閣府が認可した一般財団法人職業技能振興会により古民家の評価をすることを目的に創設された民間資格です。

築50年以上の日本の住宅で使われていた伝統構法と在来工法、そして伝統的な資材について学び、建築物の調査と再活用の提案、古民家で培われた日本の気候風土に合った持続可能な住環境と住文化を守り、活かし、伝えていく仕事、具体には「古民家再生総合調査報告書」に使用される古民家鑑定業務を担います。

UIJターンにより地方への移住定住やリモートワークによる田舎暮らしをする人の増加など、今そしてこれからの時代に必要とされる空き家・古民家についての専門家は、地方にこそ需要があるので移住者におすすめの資格として注目されてます。

古民家鑑定士認定試験の受験資格

20歳以上であれば誰でも受験できます。

古民家鑑定士認定試験の試験内容

出題項目

●総論(建築基準法・環境問題・古民家の基礎知識)
●在来工法
●伝統構法
公式テキスト「古民家の調査と再築」から出題

問題形式

全60問のマークシート方式による二者択一

試験時間

50分

古民家鑑定士認定試験の合格基準

総論科目が不合格の場合は不合格。
総論科目と在来構法科目に合格すると古民家鑑定士2級(在来)に認定
総論科目と伝統構法科目に合格すると古民家鑑定士2級(伝統)に認定
総論・在来構法・伝統構法全ての科目に合格すると古民家鑑定士1級に認定

古民家鑑定士認定試験の実施日程

毎月開催
※試験同会場にて試験前に受験対策講習も開催

申込期間・申込方法

受講・受験日の1週間前まで
古民家鑑定士サイトより受講・受験願書をダウンロードして申し込み

受験料

受験・再受験(6ヶ月以内)
9,000円

受講・受験
・一般:受験料(9,000円)+講習費(14,000円) 合計23,000円
・再受験:受験料(9,000円)+講習費(11,000円) 合計20,000円

結果発表

合否通知については受験した翌月の10日以降に郵送にて通知
合格者への認定証発送に付いては合否通知送付後1ケ月程度で別途郵送

資格の更新

古民家鑑定士資格は3年ごとに更新が必要
資格証更新講習を受講することで資格証の更新が可能

詳細及び問い合わせ先

一般財団法人 職業技能振興会

家の購入やリフォームを考えている人へ
地方移住(田舎暮らし)で最も大切なのは「家」「住まい」です。 そして失敗、後悔、トラブルの最大要因も「住まい」。そんな「住まいづくり」に関する基礎知識をまとめた有料NOTEです。【現在一部無料公開中!】
仕事
スポンサーリンク
田舎暮らしの手帖

コメント

タイトルとURLをコピーしました