空き家や古民家再生のための補助金・助成金

家(物件)

少子高齢化・過疎化に伴い、地方には「空き家」「古民家」がたくさん存在しています。

その「空き家」「古民家」、そのままにしておくと自然災害による倒壊や火災などのリスクや景観が悪くなるので、その対策は社会的課題です。

それゆえに、地方の空き家対策は国策です。様々な補助金・助成金がありますので、地方移住(田舎暮らし)を考えている人は、是非、補助金・助成金を活用して「空き家」「古民家」を再生・再利用しましょう。

田舎の「空き家」「古民家」は格安です。古民家再生は社会貢献にもなるのでオススメです。

関連記事

スポンサーリンク

空き家・古民家再生のための補助金・助成金

空き家・古民家再生のための補助金・助成金

「空き家」「古民家」物件は格安で購入(または賃貸)可能ですが、大なり小なり、改修・改装が必要になります。

その費用を補填してくれる補助金・助成金制度が色々あるのでピックアップします。

解体の補助金

雨風さえしのげればどんなボロ屋でも大丈夫という人を除き、普通の人がそのまま住める「空き家」「古民家」はほとんど存在しません。

住めるようにするには空き家・古民家の一部または殆どを、先ずは”解体”してから、改修・改装することになります。古民家リフォーム・リノベーションの第一歩は”解体”なのです。

参考記事

その解体費用を補助する制度があります。

「危険廃屋解体撤去補助金」「老朽危険家屋解体工事補助金」「木造住宅解体工事費補助事業」等など、名称は様々ですが都市部を除くほぼ全国の自治体に家屋解体の補助金は用意されています。

補助金の金額は、数万円~100万円程度。金額や諸条件は各自治体によって異なりますので、必ず事前に確認してください。

リフォームの補助金

古民家や空き家を改修・改装することを「リフォーム」と言います。「リフォーム」の範囲・規模が大きくなると「リノベーション」と呼ばれますが、具体な基準はありません。「リフォーム」と「リノベーション」は同じ意味です。また、古民家や空き家の場合は「再生」と言うこともありますが、結局は皆同じ意味です。

補助金・助成金の名称等も「リフォーム」「リノベーション」「再生」という言葉が混在していますがあまり気にしなくて大丈夫。問題は条件です。基本的には改修・改装の目的別に補助金・助成金が用意されていることが多いのでその一例を記しておきます。

いずれも各自治体で申請期間や申請対象、補助金額など異なりますので、必ず事前に物件所在地の自治体に確認ください

バリアフリー対応に改修・改装する場合の補助金

介護保険法に基づくバリアフリー工事をした場合の補助金制度です。

条件は、公的介護保険で要支援か要介護の認定を受けた居住者がいる住宅のバリアフリーリフォームであること。補助金額は最高20万円程で介護のランクが上がると追加で補助があるケースもあります。

省エネ住宅にリフォームする場合の補助金

断熱工事など省エネ住宅に改修する場合の補助金制度です。

条件は、高性能建材を用いた省エネ効果が15%以上高まる工事であること。補助金額は住宅1住戸あたり120万円程を上限に補助対象費用の1/3補助してもらえます。

耐震工事をする場合の補助金

耐震診断や耐震リフォームをする場合の補助金制度です。

条件は、昭和56年5月31日以前の建築の木造住宅に耐震性能を向上するリフォーム工事を施すこと。補助金額は30~120万円です。

古民家再生・利活用のための補助金

古民家再生・利活用のための補助金

上記に他に”古民家再生“”古民家利活用”を目的とした補助金が支給される地域もあります。その中でも有名な3地域の補助金の例を紹介します。

なお、条件は毎年更新されます。通年募集しているとも限りませんので、必ず事前に各自治体に確認ください

①石川県小松市の古民家再生・活用モデル事業

築50年以上経過した建物で、伝統的木造建築技術により建設された住宅の改修・改装に対する補助金制度。

実施設計、外観及び内部改修、構造補強に係る経費の2分の1程度を補助するもので上限有り。※店舗(店舗併用住宅を含む)、宿泊施設、工房、集会場などで、改修後一定期間、見学や体験ができるものに限る。

▶︎参考リンク:石川県 古民家再生・活用モデル事業

②福井県内の住まいづくり支援制度

県産材を活用した一戸建て木造住宅の取得に対する補助金制度。

敷地面積で交付額は異なり、補助対象の住宅に越前瓦、越前和紙を使用する場合は上乗せ有り。同様に、県産材を活用した増築・リフォーム等に対しても、県産材部材の使用量に応じて補助金が交付されます。

▶︎参考リンク:福井県 住まいづくい支援制度

③兵庫県丹波市の古民家再生補助金

築50年以上経過している伝統的木造建築技術により建築された建物を、地域活動や交流の拠点、宿泊体験施設、店舗等地域の賑わいや活性化に資する施設(地域交流施設等)や賃貸住宅(歴史的景観形成地区等に存するものに限る)として再生することに対する補助金制度。

補助対象となる経費の総額に対して補助金額が決められている。(500万円~1000万円未満であれば250万円、1000万円以上であれば333万円を上限に補助金を支給)

▶︎参考リンク:兵庫県 古民家再生支援事業、古民家再生促進事業

古民家再生のための補助金の注意点

古民家再生のための補助金の注意点

補助金を受け取るためには、お役所特有の面倒な手続きと不透明で厳しい審査があります。申請そのものも手間ですが、申請したからと言って100%補助金を受け取れるわけではありません。

補助金をあてにして移住を決めるようなことはしないでください。あてになりません。

移住者に優しい地域の親切な担当者であれば補助金を得られる確率は高い(そもそも無理であれば申請を進めない)でしょうけれども、それほど積極的ではなく経験も知識も乏しい地域(または担当者)だと”申請するだけ時間の無駄”になることもありますので申請する前によくよく考えてください。

また、対象となる物件の条件が厳しかったり、解体業者や解体後のリフォーム等の工事業者までも地元の特定業者に限定されているなど、利権がらみだったりすることは地方に限らずありがちな話です。

地元業者が悪いとは限りませんが、指定業者が1社とか、選ぶ余地がない場合は完全癒着です。独占企業ゆえに殿様商売で技術もサービスも旧態依然。競争原理が働かないので料金も高いです。

補助金で得したはずが、下手な業者に発注することになり気分を害することになったり、希望通りにリノベーション出来なかったりと、今後の暮らしが台無しです。(その補助金で得しているのは指定業者です。)

指定業者の有り無し、有りの場合の業者の素性など、あらかじめ確認することをオススメします。ヤバそうであれば補助金なんてあきらめましょう。補助金利用はあくまでも手段であり目的ではないことを忘れないようしましょう。

家の購入やリフォームを考えている人へ
地方移住(田舎暮らし)で最も大切なのは「家」「住まい」です。 そして失敗、後悔、トラブルの最大要因も「住まい」。そんな「住まいづくり」に関する基礎知識をまとめた有料NOTEです。【現在一部無料公開中!】
家(物件)
スポンサーリンク
田舎暮らしの手帖

コメント

タイトルとURLをコピーしました