古民家リノベーション【番外編】古井戸を復活させる方法

古民家リノベーション

古民家にはかつて使われていた「井戸」が残っている物件も少なくありません。

水道システムが発展したことで「井戸」は使われなくなりましたが、「井戸」があるということは、そこには地下水路があり、以前はそこから汲み上げた水を、飲み水として、洗い物に、畑の水やりに、そして防火用に使われてきたことの証に他なりません。

もし「井戸」が残っている古民家であれば、家のリノベーションと並行して、「井戸」の復活を試みましょう。

スポンサーリンク

古民家リノベーション【番外編】古井戸を復活させる方法

井戸水はメリットだらけ

ご存知の通り、井戸の水は地下水です。地下水は長い年月をかけて地層を通過し自然にろ過された水。なので、水道水とは違って薬品などを使用していない天然のピュアウォーター。ミネラル成分が豊富に含まれています。(無論成分は検査しなければわかりません。稀に毒性がある場合もありますので水質検査は必須です。水質検索方法については後述します。)

特に「深井戸」と呼ばれる水面までの距離が7mを超える深さにある井戸の水は、そのまま飲み水となれるレベルの良い水質である確率が高く、一方、周辺環境の影響を比較的受けやすい「浅井戸」の水は、飲み水以外の生活用水としての利用が望ましいとされています。

井戸水のメリット

  • 枯渇しなければ永遠に使える。
  • いくら使っても無料。
  • 洗車や水撒きに最適。
  • 植物がよく育つ(畑に最適)。
  • ご飯が美味しく炊ける。
  • お茶やコーヒーが美味しい。
  • 夏冷たく、冬温かい。
  • 災害時の緊急生活用水になる。
  • etc.

井戸がある物件はラッキーです。井戸があることを条件に物件を探しても良いくらい井戸は価値あるものです。

古井戸は復活させられるのか

古井戸は復活させられるのか

長年放置された古井戸。先ずは利用できるかどうかを確認してみましょう。

蓋がしてあると思いますので、蓋を外し覗き込んでみましょう。

その際の注意点を記します。

  • 蓋や外構が壊れていて落下の危険があるかも…
  • 井戸底に溜まったゴミ等による悪臭を放っているかも…
  • 帽子やメガネ、底を覗く為に用意した懐中電灯等を落とすかも…

水の存在は確認できましたか?

見えにくかったりする場合は小石などを投げ入れてみましょう。水の存在が確認できたらそれは地下水ですので、有り難く有効に活用にしましょう。

但し、飲み水に適するかどうかの判断は水質検査をしてからにしましょう。たとえ「深井戸」であっても念のために検査することをオススメします。意外と簡単、意外と安いので、我が家の井戸水は毎年定期的に検査しています。

井戸水の検査方法

専門の検査機関があります。そこに申し込むと検査キットが送られてきますので、添付の説明書の手順に従ってサンプル(井戸水)を採取してください。

そして、採取したサンプル(井戸水)を検査機関に送れば数日後検査結果が郵送されてきます。簡単です。今は自分で(その場で)判定できるキットもあるようです。

代表的な検査機関の公式リンクを記します。(どこに依頼しても検査結果に大差はありません。同じです。申し込みやすいところを選びましょう。)

>水質検査.com
>環境未来web
>日吉オンライン検査web

もし井戸が枯渇していたら

井戸水は季節や気候などによってその量は変わります。水量が豊富でない土地では、使う分の水量が溜まるまで待つなどして使います。

それとは異なり、震災などの影響で周辺の地形変動により地下水脈が変わってしまうことで、水質が悪くなったり、十分な水量を得られなくなった「井戸」もあります。

その場合は再掘削するなどあらたに水脈を探ることも可能ですので、井戸の専門業者に相談してみてください。

また、蓋がされていない古井戸の場合は、雨水や枯葉などゴミ等が溜まっていますのでそのまま使うのは無理です。掃除して再生させる方法もありますので井戸の専門業者に相談してみてください。

近くの井戸の専門業者はこちらで検索すると便利です。
>最も簡単に、最短距離でプロと出会うことのできるプラットフォーム Zehitomo

なお、井戸の工事は、自治体の指定の水道業者である必要はありません。古民家リノベーション時の水道工事については下記の記事を参照ください。

参考記事

おすすめの井戸の仕様

おすすめの井戸の仕様

古井戸に手押しポンプが残っていて使えれば超ラッキーです。ビンテージの手押しポンプ自体が貴重(骨董品)です。

ただ、実用的には、手押しポンプだと折角の自然の恵みの井戸水の使い道が限られてしまうので、電動ポンプを併設しましょう。電動ポンプでくみ上げ配管して蛇口から使えるようにすれば水道と同じように井戸水を利用できるようになります。

但し、電動ポンプは停電時には利用できません

災害時には断水することがあり(断水が一番ツライ)、その時に「井戸」があるととても助かるのですが、電動ポンプは停電だと使えません。井戸に水があっても使うことが出来ないのです。何の役に立ちません。

東日本大震災以降、井戸を再生したりあらたに設置する家が増えました。その際には電動ポンプにソーラー電源など自家発電装置を備えるか、手押しポンプを併設するのが定番となっています。

ポンプを設置する場合には、電動ポンプと手押しポンプ両方を備えることをオススメします。

おすすめの井戸ポンプと設置例

井戸ポンプやその他設備も充実。設置方法はもちろん、井戸に関する様々な知識も学べるサイトをご紹介します。

>シップスレインワールド株式会社

こちらの会社(シップスレインワールド株式会社)は「地下水」や「雨水」そして「太陽光」を有効に利用するための設備や施工の専門会社です。取り付け工事については、東京、神奈川、千葉、埼玉が可能地域だそうですが、「その他の地域でもお気軽にご相談ください。」とのことですので、先ずは問い合わせてみてください。

井戸作り(井戸掘り)動画

参考までに、井戸がなければ自分で作る!掘る!という人のyoutube動画です。そういう人が結構いるのが驚きです。(とても感心させられます)

古民家リノベーション
スポンサーリンク
家の購入やリフォームを考えている人へ
地方移住(田舎暮らし)で最も大切なのは「家」「住まい」です。 そして失敗、後悔、トラブルの最大要因も「住まい」。そんな「住まいづくり」に関する基礎知識をまとめた有料NOTEです。【現在一部無料公開中!】
田舎暮らしの手帖

コメント

タイトルとURLをコピーしました