喪中時のお歳暮やお年賀〜相手が喪中・自分が喪中 時期や掛け紙(のし紙)、品物選び、送付状、注意点は?

この記事にはプロモーションが含まれています

仏事
この記事は約8分で読めます。

喪中時には、お歳暮やお年賀などの季節のご挨拶をどうするべきか悩みますよね。

  • 喪中時に贈っていいのか
  • いつ、どんなものを送ればいいのか
  • 熨斗(のし)や水引はどうするのか

今回は、喪中時にお歳暮を贈る際や、お年賀を渡す際に気をつけたいことをまとめました。

スポンサーリンク

喪中でもお歳暮は贈っていいの?

お歳暮1年の感謝の気持ちを伝える贈り物とされています。慶弔とはまた別の話ですから、相手を思い贈り物をすることになんの問題もありません

そうはいっても、相手が不快に思うことのないよう、普段以上の心配りはしたいものですね。

相手が喪中の時のお歳暮はどうする?

相手が喪中でもお歳暮を贈ることに問題はありません。ただ、ご遺族の慌ただしさや悲しみにも配慮し、忌中は避け、忌明けに贈りましょう

自分が喪中の時のお歳暮はどうする?

自分が喪中の場合には、贈る相手側に不幸があったわけではないので、忌明けであれば問題ありません。

ただ、受け取る側によっては「縁起がよくない」「穢れがある」と気にされたり、お歳暮を贈ることで「このような時期にまで、、」と相手に気を遣わせることもあるようです。

故人とあなたの関係性や、お歳暮を贈る相手とあなたの関係性にもよりますが、気になる場合には時期をずらす(年明けの寒中見舞いなど)などの配慮をしてもいいでしょう。

スポンサーリンク

お歳暮を贈るなら忌明け(きあけ)

故人を偲び、遺族や親族が喪に服す期間には「忌中(きちゅう)」と「喪中」があります。お歳暮を贈る場合には、忌明けであれば一般的には問題はありません

忌中(きちゅう)の期間は?

忌中は、仏式では四十九日の法要まで、神式では五十日祭までとされています。この忌中の期間が終わりが「忌明け(きあけ、いみあけ)」です。

親族を失った悲しみはすぐには癒えないものですし、なにかと慌ただしい期間でもあるため、季節のご挨拶とはいっても忌中にお歳暮を贈るのは控えます

喪中の期間は?

個人との続柄や関係性、家や地域によっても異なりますが、自分の父母や義父母、子どもの場合は1年程度(一周忌法要)まで、祖父母や兄弟姉妹の場合は3〜6ヶ月程度と一般的には言われています。

この期間はあくまで目安で、悲しみの深さによっては長く喪に服すこともあります。一方で、社会生活の変化もあり「心情」はともかく生活の面では喪に服す期間は短くなりつつあります

スポンサーリンク

喪中時に贈るお歳暮での注意点や心配り

相手が喪中であれ、自分(送り手)が喪中であれ、忌明けであればお歳暮を贈ることはマナー違反でも、問題視されるようなことでもありませんが、普段以上に心配りも大切です。

お歳暮の時期はいつ?

お歳暮を送る時期(届ける時期)は、12月上旬から25日頃までが適当とされていますが、最近では11月下旬から贈る方も増えているそうです。

百貨店のお歳暮商戦が早くから始まることや、現代人の気忙しい生活、マナー情報の錯綜なども影響しているのかもしれませんね。

お歳暮の時期が忌中ならどうする?

忌明けまではお歳暮を贈ることは控える方がいいのですが、お歳暮の時期が過ぎてしまうこともあります。その場合には、無理に「お歳暮」にせず、「寒中御見舞」や「余寒御見舞」としてお贈りするのもいいでしょう。

寒中御見舞や余寒御見舞の時期は?
  • 「寒中御見舞」松の内明け~立春
  • 「余寒御見舞」立春以降

松の内が明けるのは1月7日の地方と、1月15日の地方とあります寒中御見舞は、松の内明け(翌日)から立春前日までに送るものですから、一月中旬〜下旬に送れば間違いはありません

ちなみに、お中元の時期に喪中だったら、次のようになります。

お中元・暑中見舞い・残暑見舞いの時期は?
  • 「お中元」:7月上旬〜下旬 (地方によって異なります)
  • 「暑中御見舞」:7月15日~立秋
  • 「残暑御見舞」:立秋~9月上旬

喪中時のお歳暮ではのし紙(熨斗や水引)はどうする?

喪中の場合には、白無地の奉書紙(ほうしょし)か、略式で白の短冊のしに「お歳暮」と表書きして使用します。

  • 短冊は略式ですので、目上の方や仕事での取引先などに贈る場合には避けた方が無難です。
  •  商品の上にかける「内のし」と、包装の上にかける「外のし」のいずれでも構いません。配送の場合には「内のし」、持参する場合は「外のし」を選ぶのが一般的です。

一般的なお歳暮の掛け紙(のし紙)は、右上に熨斗(のし)があり、紅白の水引を使用しています。(下記画像では、表書きが「お中元」です)

  • 熨斗(のし)は、一般的には慶事における進物や贈答品に添える飾りで、縁起物である「干し鮑(アワビ)」が起源です。
  • 紅白の水引は慶事に使用されるものです。喪中時のお歳暮の掛け紙(のし紙)としてはふさわしくありません。
  • 白黒の水引は弔事や法事に使用されるものです。喪中とはいえ、1年のお礼であるお歳暮の掛け紙としてはふさわしくありません。

喪中の時の品物選びはどうする?

お歳暮は、1年の感謝の気持ちを伝える贈り物です。何を贈るかはさほど神経質になる必要はありませんが、華やかなものやお祝い事を連想させるようなものは、避ける方が無難です。

相手が喪中の場合には、喪中だからといって、お線香や花などの仏前に捧げるような供物は避けましょう。上述の通り、お歳暮は1年の感謝の気持ちであり、お悔やみではないからです。

スポンサーリンク

相手が喪中時、お歳暮の送り状での注意点は?

相手が喪中の場合、「○○様のご冥福をお祈りいたします」「寂しい年越しになりますが」等とお送り状に盛り込みたくなるかもしれませんが、お歳暮やお中元の送り状の目的は、あくまで感謝を伝える言葉と品物を送る旨を伝えることです。

できるだけ簡潔にまとめるといいでしょう。

忌中でお歳暮時期を過ぎた場合の送り状は?

忌明けを待った旨は敢えて伝える必要はありません
通常の寒中見舞いと日頃の感謝を伝える言葉、品物を贈る旨を伝える内容を書きましょう。

文例

寒中お見舞い申し上げます。
ご服喪中と存じ年頭のご挨拶は遠慮させていただきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
昨年はなにかとお世話になり厚く御礼を申し上げます。
さて、本日は心ばかりの品をお送り申し上げましたのでお納めくださいませ。
寒い日が続きますので、風邪など召されませぬようくれぐれもご自愛くださいませ。

故人宛にお歳暮を贈ってしまった!!

故人宛にお中元を贈ってしまうこともありますよね。

  • お歳暮を贈った(手配した)後に亡くなられた場合
  • 亡くなられたことを知らなかった場合

などが考えられます。

贈ってしまったものはどうにもなりません。
「ご不幸を存じあげず、失礼を致しました」といった内容のお詫びの手紙や葉書を、気がついた時点でご遺族にお送りしておきましょう。

故人宛にお歳暮が届いたらどうする?

逆に、故人宛のお歳暮を受け取ることもありますよね。

  • 他界したことを先方が知らない場合
  • 知っていたけど、毎年の習慣としていただいた場合

などがあります。

他界したことを先方が知らない場合

他界したことを知らない場合には、お中元のお礼と共に亡くなったこと、連絡しなかったことへのお詫びをお礼状でお伝えしましょう。

文例

拝啓
寒気の候、時下ますますご健勝のことと拝察いたしております。
このたびは父○○に結構なお品をいただきまして誠にありがとうございます。
父〇〇は、20○○年○月○日に他界いたしました。
連絡が遅れましたこと、衷心よりお詫び申し上げます。
お送り頂きましたお品は仏前に供えさせて頂きました。
父が生前に賜りましたご厚情に深く感謝いたしますと共に、
よき年を迎えられますことを心より祈念しております。
敬具(右端に)

お歳暮のお返しは基本的に不要ですが、半額程度のお返しをしてもいいでしょう。お返しの品を送る際には、「心ばかりの品をお送りしましたのでご受納いただけますと幸いに存じます」などと書き加えておきましょう。

他界を知っている場合

生前のお付き合いや、葬儀に参列していただいた場合には、お礼状に書き添えます。

文例

拝啓
冬の寒気が身にしみる頃となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
さて、このたびは思いがけず結構なお品をいただきまして誠にありがとうございます。
生前に賜りましたご厚情と、いつもながらのお心づくしに、家族一同深く感謝申し上げます。
歳末ご多忙の折、健康には十分にご留意なされ、よき年を迎えられますことを心より祈念しております。
敬具(右端に)

喪中のお年賀の渡し方や表書きは?

年賀は文字通り「喜び祝う」という意味なので、喪中であれば年賀状は控えますし、新年の挨拶も控えます

ただ、嫁ぎ先や実家、親しいお付き合いのある方、習い事の先生など、毎年新年のご挨拶をしている相手には、忌明けであれば喪中時でも新年の挨拶に伺って構いません。「おめでとうございます」という挨拶は控え、「本年もよろしくお願いします」とのご挨拶と、気持ちの品を持参すればいいでしょう。

この場合、正月期間中であれば表書きは「ご挨拶」、親しい間柄であれば掛け紙(のし紙)なしでもいいでしょう。

松の内明け〜立春でのご挨拶であれば、表書きは「寒中見舞い」です。

喪中のお歳暮やお中元はお祝い事ではありませんので、お贈ることに問題はありません。ただ、忌明け(仏式49日、神道50日)が過ぎるまで待つことが重要です。

一方、お年賀はお祝い事の意味があるので控え、寒中見舞いとして持参もしくは贈るのが基本です。ただ、親など毎年挨拶に伺う相手であれば、正月期間でも訪問して構わないでしょう。この場合、「おめでとうございます」の挨拶を控え、表書きは「ご挨拶」、もしくは掛け紙無しの手土産として持参しましょう。

大切なことは、いつも相手を想う気持ちです。形式的なことに囚われすぎて、気持ちをどこかに置いてこないように心がけたいものですね。

タイトルとURLをコピーしました