【ニーサか?イデコか?】FIRE目指すならどっち?

早期リタイア
この記事は約2分で読めます。

FIRE目指す人の為のニーサとイデコの活用法

FIRE(経済的に自立して早期リタイア)を目指す人が最優先に資金を投入すべき口座はニーサ(NISA)です。

FIRE目指すのであればニーサ(NISA)枠のフル活用はマストです。

ニーサ(NISA)枠に可能な限りの資金を投入し運用しましょう。

ニーサ(NISA)がフルになったら特定口座に投入しニーサ(NISA)と特定口座で運用しましょう。

FIRE目指すのであればイデコ(iDeCo)は不要です。

イデコ(iDeCo)は年金です。60歳になるまで資産を引き出すことはできません。

FIRE達成すれば年金は不要。

公的年金なんかに頼らず経済的自由を実現するのがFIREです。

なので、イデコ(iDeCo)に入れる資金があるのであれば、その分ニーサ(NISA)そして特定口座に回して運用する、それがFIRE目指す人の真っ当な投資法です。

【あらためて確認】ニーサ(NISA)とは?イデコ(iDeCo)とは?

通常、株で得られた利益(含む配当金)の約20%は税金として引かれます。

その税金を全額控除してくれるのがニーサ(NISA)とイデコ(iDeCo)です。

だから通常、個人が将来のために株式投資をやるならニーサ(NISA)とイデコ(iDeCo)の両方を最大限活用したほうが得です。※FIREを目指して投資をするのであれば前述したとおりイデコ(iDeCo)は不要です。

最大限というのは、それぞれ使える枠(額)が決まっているからです。

ニーサ(NISA)もイデコ(iDeCo)もとても良い制度なのですが、何故か複雑で分かりにくく時々変わるので、それぞれを主管する公的機関で確認してください。

▼ニーサ(NISA)を主管するのは金融庁です。こちらがニーサ(NISA)の公式サイトです。

NISA特設ウェブサイト : 金融庁
NISA(少額投資非課税制度)のしくみや投資について基本から解説します。制度の内容、メリット・デメリットを知り、投資の知識を増やしていきましょう。

▼イデコ(iDeCo)を主管するのは厚生労働省です。こちらがイデコ(iDeCo)の公式サイトです。

国民年金基金連合会
国民年金基金についてご紹介します。
iDeCoの特徴|iDeCoってなに?|iDeCo(イデコ・個人型確定拠出年金)【公式】
個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)の仕組みについて分かり易くご紹介しています。国民年金や厚生年金と組み合わせることで、より豊かな老後生活を送るための資産形成方法のひとつとしてご活用ください。

タイトルとURLをコピーしました