会社を辞め田舎に移住して農業を始めるための基礎知識

田舎暮らし帖

田舎に移住してもリモートワークが可能な時代なので、移住しても従来通りの仕事を続ける人が多いと思います、が、過去のキャリアを全て捨て、思い切って農業を始めたい!という人も少なくありません。

最近は新卒の若者の就職先として農業が注目されたり、一方でリタイヤして農業を志す人が増えていたりと、多彩な人たちが続々と農業に参画しています。

斜陽産業と言われ続けた農業ですが、ここにきて俄かに人気です。

そんな農業は具体的にどのようなことをするのか、農業の仕事に就くための方法や農地を取得する方法を紹介します。

会社を辞め田舎に移住して農業を始めるための基礎知識

会社を辞め田舎に移住して農業を始めるための基礎知識

農業とは、日々自然と向き合い、土と作物と対話しながら、米や野菜、果物を育て商品として出荷するのが仕事です。

その作業内容は何を育てるかによって変わってきますが、稲作を例にとると以下の次のような作業行程があります。

  • 苗代の準備
  • 種まき(播種)
  • 育苗管理
  • 耕起(春耕)
  • 畦塗り
  • 施肥(基肥)
  • 入水
  • 代掻き
  • 田植え
  • 水管理
  • 追肥
  • 防除(雑草・病害虫)
  • 収穫(刈取り→脱穀)
  • 乾燥
  • もみすり
  • 選別
  • 出荷
  • 耕起(秋耕)

出荷までには様々な作業工程があり細かく分かれています。それは米以外の作物でも同じ。

それぞれに機械化されているので体力的には意外に楽ですが、時間はとられます。

また、より美味しいもの作ることを目指したり、減農薬、無農薬、有機栽培など、こだわりを持って栽培すればするほど、手間暇は更にかかります。

最も難しいのは、農業は自然の中で行う仕事であり、天候によって農作物の出来は変わり、社会情勢によっても評価が変化するということです。

そのような変化を見据えて、肥料の量を増やしたり、育てる品種を増やしたり、高値のうちに出荷するなど、工夫していくことが必要となります。

つまり、農業は、家庭菜園で身内で食べる分を栽培するのとは全く異なり、栽培するだけでなく、商品として価値あるものにしなければ収入にならないので、マーケティング視点も必要とされます。

特にこれからの農業は、機械化することで誰でも楽に作れることが出来るので、より大規模化し効率化するか、商品の魅力で差別化することが求められます。

会社を辞め田舎に移住して農業を始める方法

会社を辞め田舎に移住して農業を始める方法

かつて、農業の仕事に就くには、実家が農家でその後を継ぐか、脱サラして新規就農を目指すという手段しかありませんでした。

しかし、最近は就職先として農業法人を選び、農業の道に入るという手段があります。

農業法人とは、株式会社や農業組合法人などの法人形態で農業を営んでいる法人のこと。

要は、その法人に就職し、会社員として安定した給料やボーナスを貰って農業をするのです。

農業法人は農業のプロ組織。給与を貰いながら農業の基礎と現実を実体験できるので、会社を辞め田舎に移住して農業を始めるという、全くのシロウトが農業を始めるには最良の環境です。

農業法人に就職するには、まず、全国新規就農相談センターや都道府県新規就農相談センターのホームページやハローワークなどで求人情報を調べましょう。

無論、サラリーマンが嫌で農業を志したのにまた会社に所属することに抵抗がある人もいるでしょう。

最初から新規就農を目指す方法については、農業インターシップや農業大学校・農業専門学校で学ぶなど、他にもあります。

それら会社を辞め田舎に移住して農業を始める方法は、以前の投稿記事「地方に移住して本気で農業を始めるための最初の一歩」に記しましたのご覧ください。

新規就農者が農地を確保するには

新規就農者の最難関は農地の確保です。

以前の投稿記事、「農地は買えないってホント?(ホントです)」でも記しましたが、農地は簡単には買えないのです。

農地を買ったり借りたりするには、土地の契約を結ぶだけではなく、農地に関する法律(農地法)に基づくいくつかの要件を満たした上で、市町村農業委員会の許可を得なければなりません。

その条件は、新規就農者を拒むかのようにとても厳しく複雑なので、一般人が誰の助けも借りずに許可を得ることは困難です。

ここで諦める人も少なくないようですが、ここで諦めるようでは農業はやっていけないとも言えます。

農地取得後も様々な規制があり、都度、何かと監視されるのが農業です。

なので、新規就農するために実際に農地を取得したい人は、就農希望地での信頼関係を築くことが第一歩となります。

農業法人で働きながら、または、現地の農家の手伝いをしながら、もしくは、農業インターシップや学校に通いながら、急がず焦らず、取り組むことが肝心です。

(まとめ)農業を仕事に田舎暮らしを実現する近道

(まとめ)農業を仕事に田舎暮らしを実現する近道

農業は地方でできる魅力的な仕事の1つですが、技術や知識も必要です。

自営業で農業を始めるのは簡単なことではありません。

でも、地方移住者が農業を始める場合は、自治体から手厚い支援を受けられることも多く、農業をやりたいという意欲があれば、今、農業を始めるチャンスとも言えます。

未経験だから不安という方は特に、就農希望者向けに支援制度を設けている自治体や就農先(農業法人)を見つけることが、農業を仕事に田舎暮らしを実現する近道です。