【将来有望企業】ロイヤルティ・ファーマ(RPRX)観察メモ

投資の見聞録

ロイヤルティ・ファーマの事業概要
Royalty Pharma plc

ティッカーコード:RPRX
上場市場:Nasdaq

2020年2月設立

  • 新薬に投資しバイオ医薬品業界のイノベーションを助ける米国のベンチャー企業。
  • 有望な新薬候補の研究開発に資金を出しリスクの一部を負担するかわりに、新薬ができたあとの売上高の一部をロイヤリティとして得るというビジネスモデル。
  • ポートフォリオには商用製品のほか、開発段階の製品候補の特許も含まれる。→分散投資されているので特許切れにも対処可能。
  • 社員は投資銀行のリサーチアナリスト・バイオのリサーチアナリストなどプロフェッショナル集団。→売上が1.8億ドル規模で社員は35人。
  • 競合にとって参入障壁が非常に高い。特許が出る機会というものが普通の人には分からない。病院との深いコネクションが必要な特殊なマーケット。
  • 現在ロイヤリティファーマが持つ売り上げ(ロイヤリティ)が上がっている薬は45。そのうち22種はブロックバスターと呼ばれる大型薬。→メルクのような大手製薬会社でもブロックバスターは5~7個程度。
  • 2020年6月にIPOしたばかり。→テンバガー有力株。

ロイヤルティ・ファーマ:業績確認

ロイヤルティ・ファーマ:企業ウェブサイト