【東京郊外住むなら多摩地区】都内で田舎暮らし可能なおすすめの街と移住支援制度

田舎暮らしと家づくり
この記事は約4分で読めます。

東京都内でも田舎は存在します。しかも結構というか十分“ど田舎”です。

田舎暮らしには憧れるけれども東京から遠く離れるのはちょっと困る、基本は都心で仕事したいし遊びたい、という人におすすめのなのが東京西部の多摩地区

豊かな自然に囲まれながら心豊かに暮らせるし、ちょっと足を伸ばせば都心に出られます。

アクセスは都心から2時間以内。完全に移住し定住を考えている人はもちろん、週末移住を考えている人や、都心通勤を続けたい人も要チェックな地域です。

それぞれの街の魅力(特長)と移住支援や子育て支援制度をまとめましたので参考にしてください。

多摩地区でおすすめの街①「東京都奥多摩町」

【東京田舎暮らし】おすすめエリア①「東京都奥多摩町」

奥多摩町(公式サイトリンク)

奥多摩町の特長・名所名物

・東京都で一番広い「町」
・巨樹本数が日本一
・町内全域が秩父多摩甲斐国立公園
・日本百名山「雲取山」
・多摩川の源流
・鍾乳洞や渓谷などの景勝スポットも有名
・車窓が素晴らしい青梅線の青梅~奥多摩間(通称「東京アドベンチャーライン」)

奥多摩町から都心までのアクセス

・奥多摩町から都心へは直通電車あり
・奥多摩駅は始発駅(座って通勤可)
・町内に青梅線の駅は5駅(奥多摩駅、白丸駅、鳩ノ巣駅、古里駅、川井駅)・圏央道・日の出ICから中央道を経由して新宿まで1時間30分

奥多摩町の子育て支援制度

・保育料、給食費が無料
・待機児童ゼロ
・医療費は高校生まで無料
・小中学校の給食費は無料
・中学生は制服代も無料
・中高生はバスなどの通学費も無料

奥多摩町の移住支援制度

・住宅の新築・改築・購入費用を最大200万円補助※年齢条件在り)

多摩地区でおすすめの街②「東京都桧原村」

【東京田舎暮らし】おすすめエリア②「東京都桧原村」

桧原村(公式サイトリンク)

桧原村の特長・名所名物

・東京唯一の村
・村の9割が森
・大蛇伝説が伝わる滝など人気のパワースポットもある秘境

桧原村から都心までのアクセス

・新宿から車で1時間10分ほど(八王子ICから車で45分)
・電車でも1時間45分ほど(武蔵五日市駅からバスで30分)

桧原村の子育て支援制度

・高校、大学生は学費を無利子で借りられる
・桧原村に20年定住すれば返済免除(所得制限あり)
・中学2年生の希望者全員がオーストラリアへ13日間派遣
・中学までは医療費助成
・インフルエンザの予防摂取や歯のフッ素塗布費用助成

桧原村の移住支援制度

・空き家を活用して移住すると改修費用の50%として最大100万円の補助
・家を新築または購入すると最大100万円補助

桧原村の事業支援制度

・操業助成金や最大1500万円の用地取得助成金や施設設置助成金

多摩地区でおすすめの街③「東京都日の出町」

【東京田舎暮らし】おすすめエリア③「東京都日の出町」

日の出町(公式サイトリンク)

日の出町の特長・名所名物

・都心部から西に約50㎞ 青梅市とあきる野市に隣接
・2002年圏央道 日の出IC開設
・2007年大型ショッピングモール開業
・標高902mの日の出山
・一級河川の平井川は水質も良く川遊びやバーベキュースポット

日の出町から都心までのアクセス

・新宿までは車で50分
・日の出町(役場)から新宿までJR青梅線の福生駅利用で最短1時間15分

日の出町の子育て支援制度

・高校生になるまで毎月1万円のクーポン支給
・高校生まで医療費は無料です。

多摩地区でおすすめの街④「東京都瑞穂町」

【東京田舎暮らし】おすすめエリア④「東京都瑞穂町」

瑞穂町(公式サイトリンク)

瑞穂町の特長・名所名物

・東京都心から約40㎞ 埼玉県に隣接
・都内随一の東京狭山茶の茶畑が広がる丘陵地帯
・狭山丘陵は「トトロの森」と呼ばれ、タヌキ、ホタル、トウキョウサンショウウオなどの貴重な生物が生息
・箱根ケ崎駅を中心に住宅開発が進み大型商業施設も開業

瑞穂町から都心までのアクセス

・八高線・箱根ケ崎駅から新宿までは最短1時間
・多摩都市モノレールの箱根ケ崎方面への延伸計画も有り
・圏央道・青梅ICから車で新宿まで1時間弱

まとめ(多摩地区で東京田舎暮らし)

多摩地区には、都心通勤している人も普通にいますし、週末田舎暮らし(移住移住)のデュアルライフをしている人も沢山います。

生活圏が東京という魅力、都会にいながら田舎暮らし出来るという贅沢さをい兼ね備えた「東京田舎暮らし」は、これから人気のライフスタイルになるでしょう。

これから人気エリアになることは間違いありません。今こそが狙い目。良い物件はすぐに売れてしまうので常にチェックするようにしてください。

田舎暮らしの為の物件探しのコツについてはコチラ(↓)に記しましたのでご一読ください。

タイトルとURLをコピーしました