ヨガの呼吸法「カパラバティ」で腹筋強化と花粉症&インフルエンザ対策

心身メソッド

腹筋を上手に使うヨガの「カパラバティ」と呼ばれる呼吸法があります。

自然治癒力、自己治癒力=免疫力を高め、粘膜を鍛えることで、風邪・インフルエンザウイルス・そして花粉に負けにくい体質にしてくれます。

カパラバティ「kapalbhati」とは、サンスクリット語のkapal(頭蓋・前頭)とbhati(光・輝き・知覚・知識)のことなので、頭をスッキリ冴えさせる効果もあります。

では、さっそくやってみましょう。

腹筋強化と花粉症&インフルエンザを予防するヨガの呼吸法

楽な姿勢で座りましょう。

背筋をのばして、胸を張りましょう。顎は軽く引きます。

顔、肩、喉、首もリラックス。力を抜きましょう。

鼻で呼吸をします。口は軽く閉じておきましょう。

静かに深く、ゆっくりと。吐く息とともに、身体の余計な力も抜いて。

もう一度、深く息を吸って、、、

今度は、下腹部にギュっと力をいれ、お腹をへこませます。

体内の空気を鼻から出します。「フッ」

すぐに、おなかをゆるめます。

最初はゆっくり。お腹をへこませて、自然に鼻から空気が抜けていく感覚をつかみましょう。

1秒から1.5秒に1回のペースで30回ほど続けます。(回数は体力にあわせて調整を)

体内の全部の空気を、おなかから吐き出すようなイメージで、吐くことだけに集中。

おなかをゆるめると、自然に空気が入ってくるので、吸うことは気にしなくても大丈夫。

出来るだけ同じリズム(間隔)で、出来るだけ勢いよく、空気を全部吐き出す。

鼻が出たら一度休止して鼻をかんでOKです。

鼻をかんだら続けましょう。1ラウンドは30回程度。

最後、ゆっくりと深く、全部の空気を吐き出します。

そして、出来るだけ沢山の空気をゆっくりと吸って、出来るだけ沢山の空気をゆっくりと吐き出してリラックス。

落ち着いたら、もう1ラウンド。

今度は、もうちょっとスピードを上げて、回数も増やしてみましょう。(40〜50回程度)

カラダの空気が全部入れ替わり、全身の細胞が活性化していることをイメージしながらやるのが大事です。

カラダが一気に暖まり、頭もすっきり、そして腹筋も鍛えられます。

ゆっくりでも、慣れるまでは少ない回数でも、大丈夫。

1回ごとの動きを丁寧に続けてみましょう。

気ばかりあせると、気がついた時にはおなかの動きと吐き出す「ふっ」がズレていることがあります。それでは、ちょっと効果薄です。

私は毎朝やっています。ちなみにこれをはじめてからインフルエンザとは無縁!腹筋もいい具合に鍛えられています!)

眠気を覚ましスッキリさせる効果もあるので、おすすめは朝です。

「カパラバティ」に期待する効果

  • 免疫機能が高まる
  • 脳や呼吸器系、血液が浄化される
  • 喘息や副鼻腔炎の症状が和らぐ
  • 二酸化炭素の排出を促し、酸素の吸収が高まる
  • 消化器官や腹筋の弾力が高まる
  • ストレス解消
  • マイナスエネルギーの解放
  • 思考力や直感力の向上

「カパラバティ」の注意事項

  • 高血圧の方はゆっくりと、妊娠中は避けましょう
  • 頭痛のある方は、ゆっくりと、あるいはお休みしましょう
  • 食後、就寝前(身体が元気になります)は避けましょう
  • 途中でくらくらしたり、頭が痛くなったら休みしましょう