賃貸契約で不動産業者にぼったくられない為の基礎知識

不動産業者ぼったくり田舎暮らしと家づくり
この記事は約2分で読めます。

マンションにせよ一戸建てにせよ、家を買ったり借りたりする際には基本的に不動産業者が介在します。

大家(オーナー)と直接契約することも可能ですが殆どの物件は不動産業者が仲介します。

不動産業者は仲介することで手数料を貰うわけですが、あの手この手で金額を上積みしてきます。

不動産取引はその契約の手続きが面倒で素人にはわかりにくいことを良いことにぼったくるのです。

以下、賃貸物件を借りる時と退去する時にかかる費用や見積もりの見方、その精査の仕方など、不動産業者にぼったくられない為に事前に知っておくべき知識を得る方法を記します。

賃貸物件を安く借りる方法

賃貸する前に絶対知っておきべき知識が網羅されている必見動画・永久保存版です。

請求されたら絶対拒否すべき項目から、交渉次第で下げられる項目、交渉の余地がある項目、そして、強要された時の対処法まで、賃貸物件をお得に借りるテクニックが満載です。

▼【10万円以上安くできる】賃貸物件をお得に借りるテクニックまとめ

第135回【10万円以上安くできる】賃貸物件をお得に借りるテクニックまとめ【保存版】【お金の勉強 初級編】

▼賃貸物件の家賃を下げる方法

第13回 賃貸物件の家賃を下げる方法【お金の勉強 初級編 】

賃貸物件の退去費用を下げる方法

退去する際にも結構な費用が発生します。

借りた側が支払う必要のない箇所の修繕費を請求させることが多いので、以下の画像と動画で知識武装してから不動産業者と対峙交渉してください。

▼賃貸物件退去時の修繕等貸主・借主負担区分図

賃貸物件退去時の修繕等貸主・借主負担区分図

【ほぼ無料に出来る】退去費用を下げる方法

第136回【ほぼ無料に出来る】賃貸物件の退去費用をとことん安くする方法【お金の勉強 初級編】

関連記事

家を買う、家をリフォームする際に、知っておくべき住まいに関する基礎知識はこちらnoteにまとめましたので参照ください。

【家の購入やリフォームを考えている人へ】 騙されない失敗しない為に知っておくべき「住まい」に関する基礎知識|すずめ文庫〜悠々自適暮らしのnote|note
はじめに 下記は、一生のうちで最も高い買い物なのにリテラシーが低いと言われている「住宅」の基本的なことについてまとめた『住宅購入(発注)マニュアル』です。 これから「家を買いたい(建てたい)」と思っている人、「家のリフォームやリノベーション」を考えている人は勿論、「家」を必要とする私たち全員が知っておくべき基礎...

タイトルとURLをコピーしました