【リフォーム業者選び】工務店とハウスメーカー、どっちがいい?

2020年12月2日田舎暮らしのノウハウ

大規模なリフォーム(リノベーション)や古民家再生工事は、依頼しようにもどこに依頼して良いのか分からないと思います。

そこで、工務店とハウスメーカー系リフォーム専門店の違いと、どちらに頼むのが適切か、その選択の目安をまとめましたので、以下、参考にしてください。

【リフォーム業者選び】工務店とハウスメーカー、どっちがいい?

ネットや雑誌等で調べても、大手ハウスメーカー系の同じようなリフォーム情報(広告)ばかりが目につきます。

大手であれば、実績や実例は申し分ない、けれども、うちの物件はそのレベルではない、費用が心配、または、色々こだわりたいけれど、対応してもらえるだろうか、等などの不安がよぎります。

でも、名前を知らないような小さな工務店に頼むにも、勇気がいります。

結論から言うと、技術的にはどちらも相違ありません。

実際に造るのは大工さんです。

直接家の工事を手掛けるのは、雇用している大工さん、または下請けで契約している大工さん。それら大工さんの技術というのは、経験の差こそあれど品質や見た目に影響があるほど差がありません。

中には、ベテランの宮大工等、すごい技術を持っている方もいますが、その技術を発揮できる案件でなければ意味が無いし、技術を100%出したくなる環境(条件)を与えてあげなければ活かせません。

つまり、大事なのは、大工さん達を監理監督する会社の姿勢です。

大手だから良くて、小さいからダメというわけでもありませんし、大手はダメで小さい工務店が良いわけでもありません。

先ずは、会社の姿勢や社風を見極めてください。

あなたへの対応が良い会社であれば、大工さんへの対応も良い確率が高いでしょう。

でも、表向きと裏の顔があるかもしれません。

それを極めるのはムズカシイです。

何社からも資料を取り寄せ、出向いて、会って、話して、となると、大変な労力ですので、最初から紹介サービスを利用することをおすすめします。

【リフォーム業者選び】工務店とハウスメーカー、どっちがいい?

あなたの希望するリフォーム内容を伝えるだけで、最も適切な業者を紹介してくれるサービスがあります。

>【無料】リフォームの業者比較サイト【タウンライフリフォーム】

インターネットからも24時間依頼可能。依頼まで3分でできます。

紹介するのは予め審査済みのの優良企業のみですので、安心です。

無論、紹介後見積後キャンセルしても無料です。

【タウンライフのリフォームが使えるメリット】

  • 余計な電話がこない
    • あなたのリフォーム計画書を確認してから連絡する流れなので、余計な電話がきません。
  • 希望金額に合わなかったら断れる
    • ありがちな“しつこい電話勧誘”がありません。
  • 長期的な目線で提案がもらえる
    • 一時的なリフォーム提案ではなく経年劣化した時や耐久性の問題など、幅広い視点で提案がもらえます。
  • 地域密着型のリフォーム業者が見つかる可能性も
    • リフォームというのは金額面が大きい事から、大手リフォーム会社を選びがちですが、実は地域住民と親交がある密着型のリフォーム会社は数多く存在しています。その中で一括見積を行なう事で思いがけない発見があるかもしれません。

>【タウンライフリフォーム】ネットから無料相談する

工務店とハウスメーカーの違い(特徴)

基礎知識として、もう無添とハウスメーカーの違い(特徴)を把握しておきましょう。

これはリフォームに限らず、新築を注文する際にも役に立つ知識です。

工務店によるリフォームの特徴

工務店によるリフォームの特徴

ほとんどの工務店が中小企業または零細企業です。

大手のように事務方の人間が少ない(またはいない)ので、図面や資料作成に時間がかかります。

それに、小さな工務店であればあるほど、スケジュールそしてお金にルーズです。見積もりなんて結構適当です。

だから、もしかしたら、最初、対応が悪い、という印象を受けるかもしれません。

良くも悪くもマイペースなんです。

なので、工務店の大工さんもマイペース。

古民家再生など、時間がかかっても、昔ながらの雰囲気を残しながらリフォーム~リノベーションしたいのであれば、工務店がよいかもしれません。

自由度も工務店のほうが高いです。

希望する内容の工事を得意とする工務店であれば、建材選びや施工法など相談しながら、希望通りまたは希望以上の仕上がりになるでしょう。

ただし、大手と異なり広告など情報量が少ないので、なかなかこれはという会社を見つけにくいかもしれません。

ちなみに工務店でも、大手になれば対応もスピーディーでスムース、見積もりもしっかりしています。

しかしその一方で、こちらの希望通りいかない(自由度が効かない)ことが増えるでしょう。

ハウスメーカーによるリフォームの特徴

ハウスメーカーによるリフォームの特徴

打ち合わせも含めて、テンポよく早く進めたいのであれば、大手ハウスメーカー系のリフォーム店が良いでしょう。

スケジュールもキッリチ守りますし、見積も詳細に出してくれます。

ハウスメーカーの主力業務は、柱や梁を見せない大壁仕様の家が殆どです。

建材や建具なども、基本的にはメーカー仕様のものを用いてリフォームします。

古民家の柱・梁などが見える昔ながらの雰囲気よりも、大壁で今どきの家やマンションのようにモダンに仕上げたい、ということであれば、工事完了後のイメージも共有しやすく、おしゃれにかっこよく仕上がるでしょう。

無論、いくらでも古民家風にも仕上げてもらえるし、柱や梁を見せる工事も可能です。

が、特別な建材や住設を使用することにはあまり積極的ではなく、その分費用が嵩みます。

リフォームの業者選び(まとめ)

工務店と大手ハウスメーカー系のリフォーム専門店、技術的な差はありません。

工務店は、ルーズでざっくりしているけど、自由度が高く、希望が叶えやすいです。

大手ハウスメーカー系のリフォーム専門店は、対応がスムースで安心。仕上げもきれいでアフターも安心です。

なお、費用的にはケースバイケースですが、同じ仕様で比較をすれば、大手の場合、大工さんの人件費や材料費のほかに、宣伝費やバックヤード(事務方)の人件費などの費用が料金に乗っかりますので、その分高くなります。

が、それらは安心費用だと思ってください。やはり大手だと安心です。

家は、大きな金額の取引だからこそ、慎重になります。

しかし、あまりに専門的なので丸投げしたくなりますが、これからの人生に大いに関わることですので、じっくりシッカリ検討することをおススメします。

家を買う、建てる、リフォームする、その前に必ず知っておいて欲しい基礎知識をまとめた資料をNOTEにアップしています。

プロの業者と打ち合わせをするその前に、一読ください。

そうすれで、騙させることなく対等に、スムースな打ち合わせが出来るでしょう。