築古の空き家・古民家を購入する際の手順

田舎暮らし|物件

この記事では、今そしてこれから注目のビジネス(投資法)である「空き家不動産投資」用に購入する際の手順やポイントを紹介しますが、自分で住む人にとっても役に立つ情報ですので、ご参照いただければと思います。

スポンサーリンク

築古の空き家・古民家を購入する際の手順

築古の空き家・古民家を購入する際の手順

空き家不動産投資の投資対象は「空き家」です。

投資基準でいう「空き家」は、「築古」「古家」「ボロ家」「廃屋」等、格安で購入できる物件が主な投資対象となります。まずはそんな投資に適する物件探しから始まります。

空き家不動産投資についてはこちらの記事で解説していますが、今回は具体に購入に至るまでの手順について解説します。

購入手順1:物件情報収集

空き家物件の情報を得るには、以下の方法があります。

  1. ネット(不動産会社や空き家バンク等)で探す
  2. 現地の役場や不動産屋に紹介してもらう
  3. 現地で足(目と耳)で探す

ちなみに、私は毎日にネットで物件チェックをしています。(→インスタ参照

しかし、ネットにアップされる物件はごく一部です。投資用物件を狙っている人たちは現地の不動産屋などから直接情報を得ていますので、投資に有利な物件はなかなかネットにアップされません。

なので、現地とネットワークを築いておくことが理想です。

現地の役所や不動産屋に”移住したい旨”の相談すれば物件を優先的に紹介してくれます。また、何度も現地に足を運んでいろんな人と知り合いになることで、空き家情報は勿論、そのエリアに関する裏事情までいろいろ教えてもらえるようになります。

参考記事

ここでの注意点は、あくまでも自分で住む(移住定住)前提で話をすることです。結果、他の誰かに売る(貸す)ことになったとしても、拒否されることはあり得ません。それはそれで喜んでもらえます。最初から投資目的だと言うと怪しまれるだけです。

購入手順2:物件の内覧

気になる物件情報を見つけてたら、現地で実際に物件を検証します。検証方法は以下の通りです。

・建物の傾きを確認
・屋根の状態を確認
・家の周りを確認
・家の湿気を確認
・水道や電気設備を確認
・電話回線と電波状況を確認
・ゴミや廃材など処分物の確認
etc.

特にチェックが必要なのは「屋根」です。屋根の修繕は金額的にデカイので、基本的に複数箇所雨漏りしているような物件はNGです。一箇所くらいならOKですが、その程度にもよります。

判断基準は色々あります。詳しくは以下の投稿をご参照ください。大きな問題がなければ、その場で購入の意思を伝えましょう。

基本は、出来るだけ修繕や改装費用かからない物件、もしくは、修繕や改装(リノベーション)すれば魅力的になる物件であれば、買いです。

時間があればいろんな場所に出向き内覧しまくりましょう。数を見ることで良し悪しが分かるようになりますし、比較して買うことが可能になります。

家の購入は大きな買い物なので、何戸も頻繁に買えるわけではありませんし、すぐ簡単に売れるものでもありません。良い物件との出会いは”縁”もありますから、自らが積極的に動くことが大切です。

購入手順3:収支計算

正式契約する前に、当然損得計算をします。採算が合うかの検討です。

物件の購入費用と改修・改装(リフォーム〜リノベーション)費用を基に、幾らで売るか、幾らなら売れそうか、をシュミレーションするのです。

基本的に利益は20%以上になることが理想です。

例えば、
物件価格100万+諸経費20万+リノベーション費用200万=320万円
→売却であれば価格384万円(利益20%)
→賃貸であれば家賃5.5万円(表面利回約20%)

リノベーション費用については検討段階なのでザックリで良いのですが、初めての方だとリノベーション費用は専門家に見積もりしてもらう必要があります。(何度か経験するとザックリと算出できるようになります。)

利益をいくらに設定するかは自由です。中には40~50%もしくはそれ以上の利益をとる人、その位の額をとれる物件も存在します。ただ、あまりにも相場からかけ離れた価格(高値)で販売することは、いくら買ってくれる人がいたとしても良心的ではありません。

購入手順3:融資

自己資金で購入するのであれば不要ですが、不動産投資は金額が大きいので、金融機関の融資を利用することが大半です。

戸建て物件は、建物と土地が担保になる為、通常は融資が通りやすいのですが、「築古」「古家」「ボロ家」「廃屋」の「空き家」物件は担保に値しないため、基本的には融資されません

なので、自己資金を投じるか、空き家活用プランや事業計画、そして過去の実績などの資料を用意して金融機関を説得する(納得させる)必要があります。

金融機関を説得する際には、以下の資料を準備してください。

◎金融機関融資申込時の資料例
・物件の情報(間取り、場所、価格が必須)
・過去の実績(リノベや空き家活用事例、仕事の実績)
・過去3年分の決算報告書
・購入物件の事業計画書、活用プラン
・今後の事業計画書

上記はあくまでも例です。説得できる材料を紙(文字や画像)で提出できれば良いのです。

資料が用意できたなら、まずは物件最寄りの金融機関に申し込みましょう。1週間程度で回答が来ます。NGであれば、最寄りも別の金融機関、そこもダメなら日頃使っている金融機関へ、そして最後は日本政策金融公庫に融資の申し込みをしてみてください。

借さない(NGの)理由は教えてくれませんので、NGなら次々と金融機関を変えて申し込みましょう。自分の見立てとプラン(計画)に自信があれば「国の補助金・助成金」「クラウドファンディング」という手法もありますので諦めないことが肝心です。

そのためにも、空き家活用プランや事業計画はしっかり熟考し作成する必要があります。プラン段階で自分自身でNGとするケースもあるでしょうから、とても大事な工程です。

関連記事

購入手順4:専門家の手配

実際に購入を決めたら売買契約を行います。その際にはさまざまな専門家の手を借りることになります。

不動産売買時に関係する専門家は、
・不動産仲介業者(宅建業者)
・所有権移転登記、抵当権設定など (司法書士)
・土地建物登記 (土地家屋調査士)
・資金 (金融機関)

などです。

購入するだけなら個人売買も可能ですが、大きなお金が動くことと、行政手続きもあるので、専門知識が必要。なのでそれぞれの専門家を手配する必要があるのです。

基本的には、宅建業者(不動産仲介業者)に一括してお願いすれば全て手配してくれます。

購入手順5:不動産売買契約

不動産売買契約

不動産売買契約は、通常、売主・買主の当事者の他に、仲介をする宅建業者(不動産業者)、所有権移転登記を行なう司法書士が立会い、融資元金融機関の一室を借りて行いますが、田舎の格安物件の取引だと、自己資金で現金一括払い、個人間取引となるケースもあったりと、物件次第、売り主次第でスタイルは様々です。

しかし、いくら格安物件とはいえ、不動産の取引は、普通の買い物とは異なり金額も大きい契約事ですので、必ず専門家立会いのもと、物件の重要事項説明を受けて売買契約を進めてください。

契約が成立したら物件の鍵を受け取り、実際に現場を再度確認。問題がなければ取引完了です。

登記簿上の所有権の移転登記を行い、後日、新しい登記識別情報を受け取ります。

以上全てが完了して、ようやく物件が自分のものになります。

以降、自分で住むことは勿論、売却する(または賃貸する)ことも可能になります。

投資基準で空き家(築古一戸建て)を購入すれば自分で住んでも後悔しない

投資することを基準に購入すれば、自分が住んでも損しません。飽きたら売却(賃貸)することも可能になるからです。

投資用でも自分用でも、家の購入はとても大きな買い物です。なので、とにかく慎重に売買を進めなければなりません、が、しかし、専門的なことが多すぎるので、業者にお任せで、ざっくりと判断してしまう人が殆どです。

上記と合わせて、家の購入、新築やリフォームなど家の工事を依頼する前に知っておくべき基礎知識があるので、是非お読みいただければと思います。有料ですが一部NOTEで公開していますのでご参照ください。

参考NOTE

【家の購入やリフォームを考えている人へ】 騙されない失敗しない為に知っておくべき「住まい」に関する基礎知識|家が好き@すずめ|note
はじめに 下記は、一生のうちで最も高い買い物なのにリテラシーが低いと言われている「住宅」の基本的なことについてまとめた『住宅購入(発注)マニュアル』です。 これから「家を買いたい(建てたい)」と思っている人、「家のリフォームやリノベーション」を考えている人は勿論、「家」を必要とする私たち全員が知っておくべき基礎...
田舎暮らし|物件
スポンサーリンク
家の購入やリフォームを考えている人へ
地方移住(田舎暮らし)で最も大切なのは「家」「住まい」です。 そして失敗、後悔、トラブルの最大要因も「住まい」。そんな「住まいづくり」に関する基礎知識をまとめた有料NOTEです。【現在一部無料公開中!】
田舎暮らしの手帖

コメント

タイトルとURLをコピーしました